おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」3つ

©株式会社マイナビ

おうち時間を楽しく過ごすための、室内向け手作りゲームを紹介。小さい子どもでも楽しく一緒に作れるようなアイテムで、ちょっとアクティブに遊んでみませんか?

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

なかなか外で遊べない季節や長期休みなど、おうち時間が増えてくると、暇を持て余してしまいがち。子どもはエネルギーを消費できなくて、ストレスを溜めてしまうこともあります。イライラしたり、ぐずぐずしたり、機嫌が悪いと大人もまいってしまいますよね。そんなときには、室内でできるゲームを一緒に作ってみるのがおすすめ。

小さい子でもできる作業があれば、工作気分で作る段階から楽しめ、できあがってからは遊んで楽しめて一石二鳥。いつもとはちょっと違う遊び方に、意外と盛り上がったりします。

今回ご紹介するゲームは、どれも小さい子でもできる工程がたくさんあり、遊び方も難しくありません。年齢に合わせて大人がお手伝いして作ったり、遊んだりできます。ハサミやカッターを使うところは安全面に気を付けて制作を進めてください。

材料は、ほぼ100均で入手できるものを使用しています。道具も普段家にあるようなものばかりで、特別なものは使いません。一緒に作ってみると、子どもの自由な発想のおもしろさや、成長ぶりを発見できたりもします。ぜひ子どもと一緒に作って遊んでみてください。

モンスターフリスビー

明るく元気が出るポップなカラーのモンスターをたくさん作って、大きな口の中にお手製のフリスビーを入れるゲームです。ひとりでも大人数でも盛り上がります。

【材料】
・段ボール箱
・ボール紙
・色画用紙
・のり
・両面テープ
・ガムテープ

モンスターボードの作り方

【作り方】
①色画用紙を使って、モンスターのパーツを切り出す。
②ボール紙にモンスターの口の形に穴を開け、切り口で手を切らないようにガムテープでカバーする。
③②に背景となる色画用紙を貼る。
④③の上に、①のモンスターを貼っていく。

口が小さいとフリスビーを入れるのが難しいので、入るかどうか確認し、大きめに作るようにしてください。細かいパーツはのり、大きい部分は両面テープで貼ると作業がしやすいのでおすすめです。

⑤モンスターの模様などの細かいパーツを切り出し貼っていく。

同じように、ほかのモンスターも作っていきます。カッターやハサミは、年齢に合わせて使うようにしてくださいね。小さい子は貼るのを手伝ってもらったり、並べてもらったりして参加することができます。モンスターの模様などは、クレヨンやペンで描いてもらっても◎

モンスターボードは吊り下げてもいいですが、簡単なのは段ボール箱につける方法。ガムテープで固定します。フリスビーも箱の中に入るので、回収しやすいメリットも。

フリスビーの作り方

【作り方】
①ボール紙を丸く切り出す。
②色画用紙を切り出す。ボール紙と同じ大きさを1枚、ひと回り大きめのものを1枚用意する。
③①のボール紙に、大きい方の色画用紙を貼り、はみ出た部分に切り込みを入れて、ボール紙を包むように折り込んで貼る。
④残りの1枚を貼る。
⑤モンスターの目玉模様を作って貼る。

ボール紙は手を切ることがあるので、色画用紙で包みこんで安全に遊べるようにします。

遊び方

フリスビーをモンスターの口に入れて遊びます。年齢に合わせて、投げる距離を変えたりすれば、いろいろな年代の子どもが一緒に遊ぶことができます。

フリスビーを投げるのがまだ難しい年齢のこの場合は、ボールの方が入れやすいかもしれません。その時はボール入れゲームにしてみてくださいね♪

金魚釣りゲーム

子どもが大好きな、魚釣りゲーム。夢中でくり返し遊ぶ鉄板ゲームをアレンジして、金魚釣りにしました。金魚作りも一緒に楽しんでください。

【材料】
(金魚)
・お花紙
・輪ゴム
・ティッシュペーパー
・強力マグネット
・強力マグネット(クリアタイプピン型)
・目玉シール
・のり

(釣竿)
・ストロー
・たこ糸
・マスキングテープ

金魚の作り方

【作り方】
①ティッシュペーパーにマグネットを入れてまるめる。
②お花紙を半分にカットし、まるめたティッシュペーパーを包んで半分にたたむ。
③輪ゴムで縛る。

④目玉シールを付ける。
⑤しっぽ部分の端を手でちぎって自然なひだをつける。
⑥残っているお花紙を手でちぎってヒレを作り、のりで貼る。

ヒレを作るとより金魚らしくなりますが、作るのが難しい場合はなくても大丈夫です。薄くしわの付きやすいお花紙は、ちぎったり貼ったりしやすい素材です。丸めたりちぎったり、貼ったりすることは小さい子が得意な作業。輪ゴムを縛るのは大人の手伝いが必要だと思いますが、金魚作り自体も楽しめるので、かわいい金魚をたくさん作ってみてください。

ちなみにこの金魚は釣りゲームだけでなく、通常のマグネットとしても使えます。冷蔵庫やホワイトボードなどにくっつけることができます。

釣竿の作り方

【作り方】
①強力マグネット(クリアタイプピン型)にたこ糸を縛る。
②ストローに1か所切り込みを入れる。
③たこ糸の端を玉結びし、玉結びがストローの内側にくるように切込みに引っ掛ける。
④切込み部分にマスキングテープを巻いてカバーする。

釣竿用のマグネットは、タコ糸が縛れる形のものを使うと作りやすいです。

遊び方

ビニールプールや桶などに水色の色画用紙を敷いて金魚を入れると、雰囲気が増すのでおすすめです。並べた金魚にマグネット部分を近づけると、金魚を釣ることができます♪

マグネットが強力だと、釣りやすくていい反面、金魚同士がくっついてしまうデメリットも。いっぺんに2匹吊り上げることもできるので、小さい子向き。

マグネットをクリップに変えれば金魚同士がくっつくことはありませんが、ティッシュペーパーやお花紙で包んでいる分くっつく力は弱くなるため、クリップ部分にピンポイントに近付かないと釣ることができません。できるだけクリップを外側に置いて包んだり、輪ゴムに引っ掛けて使ったりすれば釣りやすくなります。

お菓子を一緒に包むと、一層盛り上がります。おやつ時間に、個包装された小さなお菓子を入れて楽しんでみて♪

紙コップ鉄砲的当てゲーム

紙コップは、おもしろアイテムを作るのにとっても便利な素材。手作りゲームを作るには、もってこいです。手軽に作れて安全な鉄砲ができ、ゲームに大活躍。今回は、ピンポン玉を飛ばして的当てゲームにしてみましょう。

【材料】
<紙コップ鉄砲>
・紙コップ
・風船
・セロハンテープ
・シールなど

<的当てピンポン玉>
・ピンポン玉
・面ファスナー

<的>
・フェルト
・ボンド

紙コップ鉄砲の作り方

【作り方】
①紙コップの底をカッターでくり抜く。
②風船を半分くらいの位置でカット。
③紙コップの底に風船を被せる。
④風船の端をセロハンテープで貼って固定し、先を結ぶ。

仕上げに、シールやマスキングテープなどでデコレーション♪ ペタペタ貼る作業は、子どもが大好きです。デコレーションするところだけでも楽しめます。

的当て用ピンポン玉の作り方

紙コップ鉄砲で飛ばすのは、大き過ぎず、軽いボールが適しているため、ピンポン玉がぴったり。的に当ててくっつくように、面ファスナーを貼ります。シールタイプのものを使えば、細長く切ってすぐ貼れます。

的の作り方

面ファスナーがくっつく素材で的を作ります。専用の布もありますが、入手しやすいフェルトでもある程度くっつくので使えます。

今回はダイソーの大判サイズに、正方形にカットされている子判サイズを並べて的にしました。シールフェルトで数字を切り抜けば、そのまま貼り付けることもできるので意外と短時間に仕上がります。シールになっていないフェルトは、ボンドで貼ることができます。

即席の場合は、角をボンドでとめる程度でもOK。ボンドは手軽ですが、乾くまで時間がかかります。しっかり作りたい場合は、ミシンで縫ってしまう方が短時間で手間がかかりません。

これで必要なアイテムは揃いました♪

遊び方

紙コップ鉄砲にピンポン玉を入れて、うしろの風船の結び目を引っ張って手を離すと、ピンポン玉が飛びます。引っ張る力で飛ぶ距離が変わるので、試してみてください。ストラックアウトのような的以外にも、モンスターフリスビーのボードを使ってボール入れをしたり、射的のようにしたりして遊ぶこともできます。その場合は、ピンポン玉に面ファスナーを貼らなくてもOK!

まとめ

おうち時間を楽しむ方法はたくさんありますが、今回は親子で作って遊べるゲームの作り方をご紹介しました。子どもと一緒に作っていると、新たな発想やおもしろいアイデアがひらめいてくることもたくさんあります。遊び方ももっと楽しく変えても大丈夫! 作る楽しさ、遊ぶ楽しさをぜひ一緒に味わってくださいね♪