柔道、ウルフと向は2回戦から

全日本選手権組み合わせ

©一般社団法人共同通信社

向翔一郎、ウルフ・アロン

 全日本柔道連盟は30日、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日・講道館)の組み合わせを発表し、東京五輪代表では昨年覇者で100キロ級のウルフ・アロン、90キロ級の向翔一郎がともに2回戦から登場する。60キロ級からの挑戦となる永山竜樹は1回戦を勝てば2018年アジア大会100キロ級王者飯田健太郎と2回戦で当たる。73キロ級海老沼匡も1回戦から。

 全日本女子選手権(12月27日・講道館)の組み合わせも発表され、78キロ超級で18年世界選手権優勝の朝比奈沙羅は2回戦から出場。軽量級で初挑戦となる52キロ級志々目愛、48キロ級角田夏実も2回戦が初戦となる。