映画『10万分の1』初日舞台挨拶開催!白濱、全力の“ぴえん”披露で大盛り上がり!キャスト・監督揃って公開初日祝い

©株式会社ポニーキャニオン

 EXILE/GENERATIONSの白濱亜嵐と、平祐奈がW主演する映画『10万分の1』が、11月27日公開を迎え、白濱、平、優希美青、白洲迅、奥田瑛二、三木康一郎監督が登壇し初日舞台挨拶が開催された。

大きな拍手に包まれる中、舞台挨拶に登壇したキャストと三木監督。白濱は「この映画の撮影をしたのが2年くらい前なので、ついに公開できたなという気持ちと皆さんの顔を見ながら舞台挨拶ができて嬉しく思います」と述べ、平も「公開ができるのかなと、色んな心配がありましたが、無事に初日を迎えられて嬉しく思います」と喜びを語った。

白濱は今回演じた蓮について「終始莉乃のことを大切に思っているキャラクターなので、優しい表情や温かい目で莉乃のことを見ているということは意識しました」と話し、ALSという難病をわずらう高校生・莉乃を演じた平も「このALSという病気と向き合っている方がたくさんいらっしゃるので、まずALSという病気を知ってもらうきっかけになれたらと思っていました。ALSと莉乃と向き合うことを毎日考えながら過ごしていました」と演じるうえで気を付けたポイントを明かした。

 少女漫画が原作となっている本作だが、平演じる梨乃の祖父を演じた奥田は「『10万分の1』、格好いい題だなと思いましたが、父母が亡くなっててALSになる孫と2人暮らしということを知って、私も孫が2人いるものですから、それがオーバーラップしちゃって、台本も読んで参加するべきだと。」とオファーを受けた際を振り返った。そんな奥田との共演について白濱は「奥田さんのことは大好きで、尊敬もしているので、また共演できると知って喜びました。奥田さんと平さんが黙って2人でオムライスを食べるシーンが大好きで、感動して泣いてしまいました」と明かした。

 最後に白濱は「明日自分が、自分の大切な人が(ALSに)なるかもしれないって考えると怖いことだと思うんですけど、蓮と莉乃はそれを引け目だと思わずに1歩1歩前に進んでいくので、僕自身勇気をもらいました。2人の恋愛を軸に描いていますが、ALSという病気が映画を見た方の記憶に残ると嬉しいです。」と挨拶。平も「ALSという難病が10万分の1の確率で起こるお話ですが、人と人の出会いや関係も10万分の1の確立と同じくらい大切なものだと最近思っています。身の周りにいる方を大切にしてもらえるような、皆さんの記憶や心に残るような映画になっていたら嬉しいです」と続けた。

 すると白濱が、所属するGENERATIONSのメンバーがそれぞれ本作のキャッチコピーを考えてくれたと話し、「映画を観て号泣していた小森の考えたキャッチコピーがとても良くて、“キュンとぴえんが入りまざる 人との距離がある今だからこそ、誰かのためを思って”・・・みたいな感じです(笑)」と大事な部分を忘れてしまい記憶をたどりながら披露。それを聞いた三木監督が「ぴえんってなんですか!?」と白濱に質問。「(泣いた顔の)絵文字があるんですよ!」と恥ずかしながらも実演してみせた白濱。大盛況の初日舞台挨拶となった。

■「10万分の1」公式サイト

https://100000-1.com/

The post 映画『10万分の1』初日舞台挨拶開催!白濱、全力の“ぴえん”披露で大盛り上がり!キャスト・監督揃って公開初日祝い first appeared on PONYCANYON NEWS.