北海道初「コロナでチェック甘いと…」対象外の"生活保護受給者"57歳男 貸付金を申し込み65万円詐取

©北海道文化放送株式会社

生活保護を受けていた57歳の男が、資格がないにかかわらず新型コロナウイルスで収入が減少した人を対象にした支援制度の貸付金65万円を受け取ったとして逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、北海道札幌市豊平区の自称・無職吉田人見容疑者(57)です。

吉田容疑者は6月から10月にかけて、新型コロナウイルスで収入が減少するなどした人を対象にした北海道社会福祉協議会の支援制度に申し込み、65万円を振り込ませた疑いがもたれています。

吉田容疑者は生活保護を受給していましたが、支援制度は生活保護受給者は対象外でした。

吉田容疑者は調べに対し「コロナでチェックが甘いと思った。お金が欲しかった」と容疑を認めています。この特例貸付の支援制度をめぐる詐欺事件での逮捕者は北海道内では初めてです。