【北海道の天気 11/30(月)】冬になると出会いが増える!?雪や寒さに負けないで

©北海道文化放送株式会社

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆今季一番の大雪に

30日夜から12月1日朝にかけて、強い寒気が流れ込み、局地的な大雪の恐れがあります。

予想される12時間降雪量は空知地方で30センチです。

石狩北部、上川中部・南部、紋別北部地方も、最大25センチです。

湿り雪による交通障害にも、ご注意ください。

沿岸部は、風が強いため、吹雪くでしょう。

◆12月1日の天気

日本海側は、日中も雪が続きそうです。

風向きが変わらないため、同じエリアで積雪が増えるでしょう。

水分含んだ重たい雪のため、除雪に負担がかかりそうです。

太平洋側は冬晴れで、空気が乾燥するでしょう。

◆12月1日の気温

師走のスタートは今季一番の寒さとなりそうです。

道北は、広い範囲で、日中の気温もマイナスの真冬日となるでしょう。

札幌は0℃で、1月上旬並みの気温です。

◆冬は出会いの季節

木々はすっかり落葉をし、森の中に入ると、遠くまで見渡せるようになりました。

エゾフクロウの姿が見つけやすくなります。

夜行性のため、日中は眠たそうにおとなしくしていますが、

夜になると、雪の下のエサを探すなど活動をするそうです。

雪や寒さが厳しい冬ですが、森の守り神との出会いは増えそうですね。