IKEA渋谷“肉好きも楽しめる”「ベジドッグ」に注目! 見逃せないエリアも紹介

©ブロードメディア株式会社

肉不使用の「ベジドッグ」 クランクイン!

東京・原宿に続き、都市型店舗2店舗目となる「IKEA渋谷」が、11月30日(月)にオープン。7フロアで構成されている本店には、都市型店舗初のおもちゃコーナーの設置や新たなグルメが発売されるなど、魅力が盛りだくさん! ということで、行ったら見逃さずチェックしたいポイントを早速調査してきました。

■日本初の7階建て!ゆっくり見れる広々店内

新たにオープンした「IKEA渋谷」は、北欧らしいデザインと広大な店舗内を探検している気分になれる「イケア」に、都心部ならではの利便性とストリートな渋谷の魅力をプラスした店舗です。

店は、東京・渋谷のセンター街バスケットボールストリートの途中にあり、2021年春にオープン予定のレストランフロアを含めると、なんと7階建て! 細々としたキッチン用品をはじめ、ベッドや収納棚など、さまざまなアイテムが19種類の売り場に集結しています。

■肉不使用!野菜ベースの限定グルメ

また、「IKEA渋谷」は、家具だけでなくグルメも充実。1階には世界初の「ベジドッグ」専門ビストロが設けられています。メニューは全部で10種類。従来の「イケア」ストアで販売している2種類の「ベジドッグ」に加え、8種類の限定商品が並びます。

しかも、従来のホットドッグとは異なり、「ベジドッグ」はお肉を使っていないのでヘルシー! 野菜をおいしく手軽に楽しめるようにこだわられている上に、開発の方曰く「肉好きの人も楽しめるような味に仕上げた!」とのことで、しっかりと満足感も得られるようになっています。

ということで早速、ボリューミーな印象の「STOCKHOLM/ストックホルム ケバブベジドッグ」を実食してみました! ふんわりとしたパンにギュッと詰め込まれた野菜と具材…。頬張ってみると、スパイシーな風味がふわりと広がって、なかなかの美味しさ。これがお肉じゃないなんて…と驚くほどしっかりとした食べ応えです。これを目当てに来店するのもアリです。

ちなみに、現在「ベジドッグ」は、テイクアウトのみで販売。このほかにもビストロでは、シナモンロールなどのパンや、UTZ認証のコーヒーなども取り揃えています。自宅に帰ってや近所の公園でなど、好きな場所で味わえるのが嬉しいですね!

■可愛すぎる!心ときめく3階

「IKEA渋谷」の最大の特徴は、都市型店舗で唯一おもちゃ&遊具売場があること。フロアマップを見て、大人ならば「ふーん」と素通りしてしまいそうなところですが、こここそが絶対に見て欲しい注目のスポットなんです!

フロア奥の一角に集結している「子ども用品」コーナーに訪れてみると、そこには、SNSでも人気のサメやゴールデンレトリーバーのぬいぐるみが山盛り…! カゴの中にギュッと密集する姿には、思わず胸がキュンとしてしまいます。

その横には、「イケア」の人気グルメ、シナモンロールを象ったぬいぐるみセットや、お店屋さんごっこに使えるレジ型おもちゃも販売。可愛くてオシャレなデザインは、子どもの“おままごと”だけでなく、部屋のインテリアなどにも使えそうです。

■オシャレすぎるファッショングッズも登場

フロア内にはそのほかにも、ブランドロゴを使用したファッショングッズなどを販売中。Tシャツやパーカーのほか、ショッピングバッグと同じ素材を使った「IKEA渋谷」限定の帽子など、存在感抜群のアイテムが揃っています。

カジュアルなスタイリングに仕上げたい時のアクセントや、友達とペアルック、ルームウェアなどに着用するのも楽しそうです。

このほかにも「IKEA渋谷」では、北欧テイストのオシャレな家具やキッチンアイテムなど、約3100点の展示を実施。その中でも約1800点はそのまま持ち帰る事が可能です。郊外の車が必要な場所と異なり、気になった商品をサクッと電車で持ち帰るのも良いですね。気軽に行きやすい都心部の店舗で、オシャレな家づくりに活躍するアイテムを手に入れてみてはいかがでしょうか。