【新型コロナ詳報】千葉県内1人死亡、69人感染 大学クラスター計30人に 新たに柏の病院も

©株式会社千葉日報社

千葉日報新型コロナ情報

 千葉県内で30日、69人の新型コロナウイルス感染が判明し、県内で確認された感染者は7千人を超えた。千葉市は、新型コロナに感染し肺炎症状があった市内居住の80代男性が28日に死亡したと発表した。死因は肺炎。柏市立柏病院では入院患者ら感染者が5人になり、同市はクラスター(感染者集団)と確認した。

 千葉市は、クラスターの起きた東京情報大(同市若葉区)の野球部で、新たに部員23人と寮の給食職員2人の計25人の感染も発表。これまでに関係者61人を検査して感染者は30人となった。市は寮に出入りしていた卒業生2人も検査する。

 柏市では、市立柏病院(同市布施)で新たに入院患者の80代女性の感染が判明。同病院の感染者は看護師3人、他の入院患者1人と合わせ5人になった。市によると、いずれも軽症か無症状。病院は新規入院受け入れはすでに止めており、外来診療は全診療科で予約患者のみとしている。

 クラスターが発生した松戸市のカラオケスナック「アポニー」で、新たに従業員の20代女性の感染が確認された。すでに感染判明済みの50代と60代男性が同店を利用していたことも分かった。佐倉市の30代男性と浦安市の70代女性は肺炎症状がある。

 船橋市では幼児~60代の男女8人が感染し、少なくとも3人の感染経路が不明。60代男性1人の症状がやや重いという。