石原さとみの自己満足「今、お肌の調子が一番良い」

©株式会社フジテレビジョン

石原さとみが新イメージキャラクターに起用された、第一三共ヘルスケア株式会社の鎮痛薬「ロキソニンSプレミアム」の新TVCMが12月1日(火)より、全国で順次放送される。

このCMは、「事実。期待をこめて」篇、「事実。自信がおありで」篇の2本。“事実”というキーワードのもと、速さ、効きめ、やさしさを追求し、つらい頭痛に効く商品の価値をストレートに表現したものとなっている。

石原の絶妙な表情やリアクションが見どころだ。

石原さとみの“素のリアクション”

石原が今回のCMで演じるのは、本製品を初めて手に取った、いち頭痛薬ユーザーという役どころ。

単なるCMキャラクターとして作られたものではなく、頭痛に悩み、頭痛薬に期待する女性として、石原らしい“素のリアクション”を意識しながら、臨場感のある映像を追求したそう。

「期待していいんですよね」「よほど自信がおありなようで」といったセリフも「言わされている」ようには一切見せなかったという石原。

その演技があまりにも自然だったため、監督も終始「最高」「素晴らしい」と連呼し、周りの関係者も「すてき」「きれい」とつぶやく場面が何度も見られたという。

<石原さとみ インタビュー>

――CMキャラクターになった感想をお聞かせください。

すごくうれしかったです。2020年はドラマで演じた薬剤師の役で、お薬の知識が増えた1年でしたし、私自身、普段からお世話になっている商品という、とても身近な存在のCMに出られることがうれしくて、撮影の日を楽しみにしていました。

――今回のCMの見どころをお聞かせください。

セットがとてもオシャレでカッコいいところです。光の美しさとか、緻密に計算されたセットの中で、カメラワークを何度も調整して撮影したのですが、撮影中からワクワクして、とてもすてきなCMになりそうだなぁと思いました。

「効きますよ」ということが、ちゃんと伝わるCMになっていたら良いなと思います。

――「事実。」篇というCMタイトルにかけて、身近で起こった意外な“事実”をお聞かせください。

ネットショッピングである物を注文したら、その後も何度か届いて、「これ、頼んだかな?」「この前頼んだのを、間違えてもう1回頼んじゃったのかな?」と思っていたら、半年ぐらいたってから定期配送にしていたことに気づきました。

実は醤油の話なんですけどね(笑)。同じ物が何個もあるのが、意外な事実。今度友達にあげようと思います。

――石原さん自身、「今 自分 最高だ!」と思う瞬間は?

すごく自己満足なのですが、今たぶん、お肌の調子が一番良いと思います。

しょうゆが家に何個も…