第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

©新華社

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、第16回「北京-東京フォーラム」の北京会場。(北京=新華社記者/薛臣)

 【新華社北京11月30日】中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」が共催する第16回「北京-東京フォーラム」が30日、開幕した。今回のテーマは「コロナ後に目指すべき世界秩序と中日両国の役割」。開幕式は北京と東京の会場をインターネット回線で結んで行われ、中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長と日本の茂木敏充外相がそれぞれメッセージを送った。

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、開幕式であいさつする中国側主催者、中国外文局の杜占元(と・せんげん)局長。(北京=新華社記者/薛臣)

 開幕式後には、中国の程永華(てい・えいか)前駐日大使、日本の岸田文雄元外相をはじめとする両国の来賓らが今回のテーマを巡りパネルディスカッションを行った。

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、開幕式であいさつする日本側組織委員会委員長で国立京都国際会館理事長、元国連事務次長の明石康氏。(北京=新華社記者/薛臣)

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、開幕式で基調講演する福田康夫元首相。(北京=新華社記者/薛臣)

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、開幕式で特別あいさつをする二階俊博自民党幹事長。(北京=新華社記者/薛臣)

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、パネルディスカッションで発言する中国の程永華前駐日大使。(北京=新華社記者/薛臣)

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、パネルディスカッションで発言する岸田文雄元外相。(北京=新華社記者/薛臣)

第16回「北京-東京フォーラム」が開幕

 30日、ビデオ会議方式で行われたパネルディスカッション。(北京=新華社記者/薛臣)