コロナ禍においても、魅力的な売場づくりに重要かつ不可欠な「臨店」をサポート「売場ウォッチ」導入のメリットとは

©ダイヤモンド・リテイルメディア

eコマースが隆盛している昨今、生活者の身近な食品購入チャネルである食品スーパーにとって「売場」を起点とした来店客とのコミュニケーションの重要性が高まっている。加えて、店頭では新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、人員不足を要因とした生産性向上や新しい生活様式への対応に迫られている。こうした課題や複雑な問題への対応を行いながら、現場スタッフの安全確保とともに来店客との接点である「売場」を魅力的に保つため、ネクスウェイでは売場画像を画像で一覧化できる「売場ウォッチ」を臨店ツールとしてリニューアルした。

売場情報を視覚的に共有することで臨店者と現場スタッフのモチベーションが向上!

TISインテックグループのネクスウェイは、2020年7月から9月にかけて、複数の食品スーパー企業とともにオンライン上から売場を確認する効果検証を実施した。そのねらいは、コロナ禍においても密を避けながら魅力的な売場を継続的に実現するソリューションを提供するためである。
その結果を踏まえ、売場情報を画像で一覧化できるクラウドカメラサービス「売場ウォッチ」をコロナ禍でも臨店業務をより効果的に支援する機能を追加したオンライン臨店サービスとしてリニューアルし、2020年12月よりサービス提供を開始した

果たして食品スーパーにおける「売場ウォッチ」の効果検証では、どのようなことがわかったのだろうか。
結果として、発注量の修正や報告用の写真撮影といった、売場確認を目的とする従来の臨店は「売場ウォッチ」で代替することが可能であり、最終的には臨店者の業務時間を10時間/週ほど捻出できることが判明したのである。
加えて、現場スタッフは、これまで把握できなかった他店の売場状況を「売場ウォッチ」上で視認することで、自主的な改善活動を検討することができるようになった。

検証期間中に確認できた効果は、臨店者サイド、現場スタッフサイドとも以下の通りである。

<臨店者>

  • 不要な臨店を減らすことで、1週間あたり10時間程度、業務時間を捻出することができる
  • 「売場ウォッチ」を閲覧しながら会議を実施できるため、報告資料の作成時間を削減
  • 「売場ウォッチ」でいつでも売場を確認できるため、必要な臨店時にはコミュニケーションの時間を十分に確保することが可能
  • オンラインでも実質的な臨店業務が実施できるため、新店対応中も他店のフォローができる
「画像へのペイント」「コメント」といった機能を活用することで、オフラインでも臨店担当者と現場スタッフの密な連携が可能となった

<現場スタッフ>

  • 「売場ウォッチ」で他店舗との売場情報を視覚的に比較できるため、自主的な改善策の検討が可能
  • 評価の高い売場情報や指導(コメント)があった情報を保管することで、現場スタッフ同士の情報の引き継ぎが容易になる
  • 写真データ活用により、時系列に売場の状態を追うことができるため、指導内容や対策案について現場スタッフの納得感が向上
現場スタッフは、多店舗との売場比較ができるようになった

「売場ウォッチ」はこれまでは断片的にしか取得できなかった売場の情報を、オンライン上で視覚的に効果的に収集することができ、その情報を起点にコミュニケーションを進めることを可能にした。

ネクスウェイは、今後も臨店者・現場スタッフ共にモチベーションを高め、生産性の高い働き方の実現をサポートしていく。今後はデータの自動連携や取得したデータの活用に注力する考え。同社はオンライン臨店サービスとして現場の業務に即した機能を継続的に開発するための協賛企業を募集している。2020年12月末までに3社ほど、協力企業を募集する方針だ。

▼「売場ウォッチ」の詳細や協力企業の募集については下記URLをクリック▼
http://www.nexway.co.jp/4103/service/uribawatch/

【本件に関するお問合わせ先】
株式会社ネクスウェイ 販売支援事業部 丸尾
TEL:0120-341-890(平日9:00~12:00/13:00~18:00)
E-mail:clp@nexway.co.jp