「天外者」田中光敏監督 「主演の三浦春馬は、本当に素晴らしく最高の演技をしています」とアピール 完成披露試写会

©合同会社シングルライン

三浦春馬さんが五代友厚を演じる映画「天外者」(てんがらもん)の完成披露試写会が、11月30日に都内で開催された。試写会には、田中光敏監督のほか、キャストの三浦翔平さん、西川貴教さん、森永悠希さん、森川葵さん、蓮佛美沙子さん、筒井真理子さんが登壇。演じた役柄、五代友厚の魅力、五代友厚を演じた三浦春馬さんなどについて語った。

坂本龍馬を演じた三浦翔平さんは、「いろんな先輩方が演じてきた中で、どうしたら僕の色が出せるのかとすごく考えていたのですが、五代友厚演じる三浦春馬くんがいたからこそ、できた龍馬だと思っています」と手応えを見せた。岩崎弥太郎を演じた西川さんは、「これまでの弥太郎は、どちらかというと手段を択ばない非情な部分が描かれてたところが多かったと思うが、一代でこれだけのものを作り上げた人なので人間的な魅力があった方、愛嬌というそういった部分を表現しようと思いました。あと、少し体重を増やして臨みました。ちょっと、ぽっちゃりめでした(笑)」と、会場の笑いを誘った。

五代友厚の魅力に話題が移ると、遊女・はる役の森川さんは、「自分のためではなく、人や国のために尽くす部分がすごく素敵だな思いました。男性として人間としても魅力的です」と絶賛。五代の母を演じた筒井さんは、天才の母を研究するためにエジソンやレディー・ガガの母のリサーチをしたことを明かした上で、「本番中の物凄い集中力の彼(三浦春馬さん)を見ているだけで、本当に天才を見ているようで、ただ見守るだけで母になれていたんじゃないかなと思います」と役作りの裏側を語った。また、五代の妻を演じた蓮佛さんは、高校の同級生でもある三浦春馬さんから、正式な事務所へのオファー前に、「れんちゃん、この役やってくれない?」てうれしかったことを振り返った。

撮影中のエピソードについて森川さんは、三浦春馬さんが演技のあとに必ず声をかけてくれたことを挙げた。伊藤博文を演じた森永さんは、ふんどしになって岩崎弥太郎さんに水をかけられるシーンで、岩崎を演じる西川さんから「薄っ!」と言われたことを明かし、西川さんが「ほんと、はんぺんみたいだった(笑)」と続け、会場は笑いに包まれた。

三浦春馬さんのキャスティングについて聞かれた田中監督は「彼は最近、大人の魅力があって芯がしっかりある。彼にやってもらいたい。彼に対して、あんなに綺麗な大人になれるのか!と思いましたね」と大絶賛のコメントを送った。

最後に三浦翔平さんが、「それぞれいろんな思いを抱えて、この場に立っております。こういう場でお披露目ができていることは本当に嬉しいです。このあと上映を見終わったあとに、いろんな感情がわくと思いますが、どうか彼の熱量と必死生きた五代友厚の熱量をしっかりと目に焼き付けてほしいです」と熱のこもった声でアピール。監督も「まさしく主演の三浦春馬はここで、本当に素晴らしく最高の演技をしています。そしてここにいる役者の方々、しっかりと主演を支えたその素晴らしい演技も、しっかり見届けてください」と話し、完成披露イベントは幕を下ろした。

「天外者」は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、「天外者(てんがらもん)=凄まじい才能の持ち主」と呼ばれた五代友厚を、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文といった偉人たちの姿とともに青春群像劇として描いた作品。主演の五代友厚を三浦春馬さんが演じているほか、坂本龍馬に三浦翔平さん、岩崎弥太郎に西川貴教さん、伊藤博文に森永悠希さん、遊女・はるに森川葵さん、五代の父に生瀬勝久さんが起用されている。12月11日公開。

天外者
2020年12月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギグリーボックス
Ⓒ2020 「五代友厚」製作委員会