夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

©新華社

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

 【新華社重慶11月30日】中国重慶市北碚(ほくばい)区には、焼き絵(烙画)芸術を愛する夫婦がいる。同区の無形文化遺産「北碚烙画」の伝承者である妻、劉光紅(りゅう・こうこう)さんの影響を受け、夫の余樹元(よ・じゅげん)さんは妻に弟子入りして焼き絵を学び始めた。さまざまな素材を用いた焼き絵に取り組み、作品作りの幅を広げている2人は、アトリエ「烙(らく)芸不絶」を設立。焼き絵愛好家に技術を伝え、焼き絵の技法の伝承と発揚に努めている。

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作技法について話し合う劉光紅さん(右)と夫の余樹元さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作に使う焼きごてを整理する劉光紅さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、焼き絵の制作に励む劉光紅さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、ひょうたんに焼き絵を描く劉光紅さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)

夫婦で描く焼き絵、芸術が彩る人生 重慶市

28日、重慶市北碚区のアトリエ「烙芸不絶」で、ひょうたんに焼き絵を描く劉光紅さん。(重慶=新華社配信/秦廷富)