【フィリピン】シェル、スービックに石油製品の輸入基地[資源]

©株式会社NNA

英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル系の石油元売り大手ピリピナス・シェル・ペトロリアム(PSPC)は11月27日、ルソン島中部のスービック湾自由港に石油製品の輸入ターミナルを開設したと発表した。同社の輸入基地としては国内3カ所目で、北部の供給網強化が狙い。

石油製品用のMR(中規模)型タンカーが入港可能なターミナルを整備した。一度に5,400万リットルの石油製品の受け入れが可能という。

PSPCはミンダナオ地方カガヤンデオロにも石油製品の輸入ターミナルを置くほか、今年5月からバタンガス州タバンガオ製油所を輸入基地へ転換する作業を進めてきた。スービックの輸入ターミナルはこれらの施設を補完し、イロコス地方やカガヤンバレー地方、中部ルソン地方、コルディリエラ自治区への石油製品の供給を担う。