ジェニファー・ローレンスの兄運営のキャンプで火災

©BANG Media International

ジェニファー・ローレンスの家族が、サマーキャンプの会場となっていた納屋を火災で失ったそうだ。ジェニファーの兄であるブレインがケンタッキー州で運営するキャンプ・ハイ・ホーで火災が発生したという。

同キャンプのフェイスブックにはこう書かれている。「ひどい火災により、昨晩私たちが納屋を失ったことをお伝えしなくてはならず辛い気持ちです」「人や動物が無事だったことに心から感謝していますが、あの壁に込められた長年の尽力と思い出を失ったことへの悲しみに暮れています」

その一方で、消火活動に当たった作業員への感謝を綴っていた。「私たちが感じている痛みは言葉にも表せませんが、シンプソンビル消防局をはじめとする駆け付けてくださった消防員の皆さんには心から感謝しています。あなた方は本当の英雄です」「また、この時期に手を差し伸べてくださった数え切れないコミュニティの方々にもとても感謝しています。あなた方の愛と親切心は、私たちにとってとても意味あるものです」「この状況下で、神のご加護はすでに明らかであり、今後の私たちをお導き下さることが分かっておりますので、依然、確固たる希望を神に抱いています」

そして、すでに再建の予定を立てているとして、「キャンプ・ハイホーが多くの人にとって特別な場所であることは分かっておりますので、建て直しと修復を経て、安全で楽しいキャンプの経験を来年の夏にお届けする予定です」と続けられている。