地元スギ材の積み木で遊んで かが森林組合など白山市に贈る

©株式会社北國新聞社

 かが森林組合と農林中央金庫富山支店は30日、白山市産のスギ材を使って製作した木製積み木26セットを同市に贈った。

 市鶴来南児童館で寄贈式が行われ、農林中央金庫富山支店の石橋健北陸営業第2部長が山田憲昭市長に目録を手渡した。積み木は市内の児童館、児童センター全13カ所で活用する。式後、県内で活動する「あすなろカービング倶楽部(くらぶ)」がチェーンソーアートを実演した。