【体験レビュー】ポータブル電源で快適冬キャンプ! Jackery(ジャクリ)のポータブル電源1000で手に入れた「5つの快適さ」とは

©ハピキャン

もはやキャンプギアのひとつとして定着してきている、ポータブル電源。今回はAC定格出力1000WのJackery(ジャクリ)ポータブル電源1000をお借りして、ポータブル電源のある冬キャンプを満喫してきました。どんなことに使えるのか、使い心地はどうだったのか、くわしくレポートしていきますので、ぜひ今後のキャンプライフの参考にしてみてくださいね。

キャンプがもっと快適に! 大容量のJackery(ジャクリ)ポータブル電源1000で連泊キャンプも安心

筆者撮影

キャンプでも、電源を使うシーンって結構ありますよね。

スマホやPCの充電はもちろんのこと、LEDランプやライト、電気毛布などをキャンプ場で使うケースも増えています。

今回は、定格出力1000Wの大容量ポータブル電源「Jackery(ジャクリ) ポータブル電源1000」をキャンプに持って行ったらどんなことができるのかを体験したので、ご紹介していきます。

[ 画像が省略されました ]

5人家族のキャンプで使用してみたので、参考にしていただければと思います!

Jackery(ジャクリ)とは? ポータブル電源をはじめとしたアウトドア用電源を提供する会社

筆者撮影

Jackery Incは、2012年米国シリコンバレーにて設立したアウトドア用の電源ソリューションを提供する会社。2019年にJackery Japanとして、日本法人も設立されました。

創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアも加わっており、最先端の技術を研究して高品質な製品をつくっています。

[ 画像が省略されました ]

けっこう前からあるように思いますが、日本法人が設立したのは2019年9月だったんです。意外と最近ですよね。

▼Jackery(ジャクリ)公式サイトはこちら

Jackeryのポータブル電源ラインナップ

Jackeryには、以下の4種類のポータブル電源があります。

【種類】

  • Jackery ポータブル電源240
  • Jackery ポータブル電源700

1)Jackery ポータブル電源240

4つの中で、最も容量が小さい240Whのポータブル電源です。

[ 画像が省略されました ]

どんなことに使えるのかは、のちほど4つまとめて比較します!

2)Jackery ポータブル電源400

4つのうち3番目の、容量400Whのポータブル電源です。

3)Jackery ポータブル電源700

4つのうち2番目の容量を誇る、700Whのポータブル電源です。

4)Jackery ポータブル電源1000

そして今回筆者が使うのが、最も容量の大きい「Jackery ポータブル電源1000」です。

超大容量の278400mAh/1002Wh……と言ってもピンとこない方が多いかもしれません。

スマホが約100回、サーキュレーターが約57時間、車載冷蔵庫が約66時間使えるほど大容量なのです!

[ 画像が省略されました ]

ポータブルIHクッキングヒーターや電気ポットなども使えちゃいます。

これほどの大容量にもかかわらず、サイズ感がコンパクトなのもポイント。

筆者撮影PCやゲーム機と並んでも、それほど存在感がないことがわかります。

持ち運びに便利な取っ手がついていますが、取っ手は収納できるので、見た目もスマートになるのが良いですよね。

▼4つのJackery ポータブル電源のスペック比較は以下の表をチェック

今回は「Jackery ポータブル電源1000」を使用してレビューします!

今回は、冬の冷え込みが始まったキャンプ場で、「Jackery ポータブル電源1000」の実力をさっそく体験してきました。

どんなことにどのくらいの時間使えたのか、気になる結果はこちら!

「Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000」で手に入れた5つの快適! ファミリーキャンプにもおすすめ

筆者撮影

さて、筆者が今回ジャクリのポータブル電源で試してきたのはこの5つ!

  • 電気毛布2枚を中運転(1枚あたり約40Wh)
  • USBライトの給電や充電(最大10Wh)
  • カメラのバッテリー充電(約18Wh)

実は、これら5つを同時に接続して使用しました!

[ 画像が省略されました ]

さすが大容量のポータブル電源……!

同時に使える電力が定格出力1000W(瞬間最大2000W)なので、これだけ繋いでもまったく問題ありません。

筆者撮影一度にたくさん充電できてとても便利!

これだけ使いながら翌朝を迎え、バッテリーの残量を確認したところ、まだ23%も残っていました

冬キャンプは暖房などでどうしても使用電力が増えがちなので、大容量はありがたいですね。

[ 画像が省略されました ]

停電時などの防災用の備えとしても、1台あると安心です!

【注意】

必ず定格出力範囲内でのご使用をお願いします!

それでは、今回筆者が体験した内容をひとつずつくわしくご紹介していきますね。

1)電気毛布を2枚同時に使って快適!

筆者撮影

冬キャンプにあると便利な電気毛布

筆者は掛け敷き両方使える電気毛布を愛用していますが、2枚同時使用でも、電力の消費量を特に気にせず朝までしっかり使用できました。

[ 画像が省略されました ]

特にファミリーキャンプでは、子どもに寒い思いはさせたくないので、電池残量を気にせず使えるのは嬉しいポイントでした!

今回は暖かさを中設定(一枚あたり消費電力約40Wh)で使用。大容量ポータブル電源のおかげで、夕方から使用しても朝まで切れることなく使用できました。

2)PCの充電に使って仕事もスムーズに!

筆者撮影

最近では働く場所を選ばないワーケーションが広まってきていますが、そんな時にもこの大容量のポータブル電源があればとても便利ですね。

電力供給も安定しているので、精密機器にも安心して使用することができます。

[ 画像が省略されました ]

筆者の場合、キャンプに来たとはいえ、どうしてもPCを開かないといけない…というケースもあります

そんな時でも、Jackeryの大容量ポータブル電源1000があれば安心だなと感じました!

3)USBライトの給電に使える

筆者撮影

USBの出力ポートが豊富なので、USBライト給電用にポートをひとつ占有しても全く困りません。

よくありがちなのが、USBポートが足りない!という問題。

Jackeryポータブル電源1000はUSBの出力ポートが4つもあるので、そのような心配がほとんどいりません。これはすごい便利です。

4)いつもと違う環境でゲーム! ポータブルゲーム機の充電に使って子どもも楽しい

筆者撮影

USBポートが複数あるおかげで、ゲーム機も給電しながら遊べます

コントローラーも同時に給電しながら使用することもできて、「せっかくゲーム機を持ってきたのに電池が切れて遊べない」ということがありません。

大人にとっては「せっかくキャンプに来ているのに家と同じようにゲームして嫌だなあ」と感じるかもしれませんが(苦笑)、子どもにとっては「キャンプ場でするゲームはひと味違う」のだそう。

[ 画像が省略されました ]

子ども達いわく、実はゲームをしながらでも自然の匂い、風が肌を撫でる感触、足の裏から伝わる地面の感触、シュラフのにおい、焚き火のにおいなど、きちんと自然を感じているのだそうです。

5)カメラのバッテリー充電

筆者撮影電気毛布、USBライト、カメラのバッテリー充電で使用中

AC出力ポートは3つあるので、カメラのバッテリーも複数個同時に充電できます。

電気毛布を使っている間もカメラのバッテリーを充電できるので、キャンプ風景などをよく撮影する筆者はとても助かっています。

[ 画像が省略されました ]

大人だけでなく子どもも、そして防寒対策から料理、遊び、仕事など多様なシーンで使えるのがポイントですね!

と、これだけ同時に使用しても余裕な、Jackeryポータブル電源1000。

1泊キャンプで上記の5つを遠慮なく使用して、残りは23%。

筆者撮影翌朝の残量23%

この実力は想像以上で、本当に快適なキャンプでした!

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000は、出力ポートがなんと合計8個! 充電・給電はかどります

筆者撮影

先ほども軽く触れてきましたが、出力ポートについてもう少しくわしくご紹介していきます。

USB端子が4個でスマホPCやゲーム機への給電が同時に可能!

筆者撮影

出力ポートの数はなんと全部で8個。

中でもUSB端子はType-Cが2つ、Type-2.4Aが1つ、Quickcharge3.0が1つの合計4個。iPhoneを充電しながらMacbookProにも給電なんてことが可能です。

しかもQuickcharge3.0での急速充電にも対応しているポートがあるので、本当に便利。

AC出力ポートが3口で、ぐちゃぐちゃのタコ足配線回避!

筆者撮影

AC出力ポートが3口あることは、冬キャンプで使用するにあたり非常に便利でした。

筆者撮影

電気毛布を2枚同時に接続。

いつもなら複数口の電源タップを用意していましたが、これなら電源タップ不要。

荷物も減って楽ですし、何よりも配線ぐちゃぐちゃの状態が解消されて電源周りもすっきりです!

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000本体の充電は、車からもできて連泊時の不安も軽減!

筆者撮影左から2つ目までコンセント充電、中央シガーソケット充電器、右充電ケーブル収納バッグ

連泊時に不安になるのが、ポータブル電源の充電残量ですよね。

「Jackery ポータブル電源1000」はそもそも大容量なので、上手に使えば2泊くらいなら十分に使えそうです。

また、キャンプに持っていくまでにフル充電が間に合わなくても、車のシガーソケットから充電が可能

今回シガーソケットからどのくらい充電ができるのか試してみたのですが、最初85%くらいだった充電量が、2時間30分後にキャンプ場に着く頃には100%になっていました。

[ 画像が省略されました ]

つまり、およそ2時間30分で15%以上充電できたことになります。これは便利ですね!

フル充電にかかる時間

・コンセント充電約7.5時間
・シガーソケット充電約14時間
・ソーラーパネル充電(100W)約17時間

ちなみに「Jackery ポータブル電源1000」とソーラーパネル100が、セットになっているものもあります!

ポータブル電源でキャンプの楽しみがもっと広がる! Jackeryの大容量ポタ電おすすめです◎

筆者撮影持ち手がしっかりしているので持ち運びもしやすい

今回実際にキャンプで活用した、Jackeryのポータブル電源1000。

大容量、高出力の電力はとても魅力的。今回ご紹介した使い方以外にも、プロジェクターを持ち込んだり、コーヒーメーカーを持ち込んだりと、アイデア次第でいろいろな楽しみ方ができますね。

ぜひ大容量ポータブル電源を活用して、オールシーズン快適なキャンプライフを!

▼Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000