エミネムとのビーフが影響?マシン・ガン・ケリーの前作「Hotel Diablo」が成功しなかった理由とは

©ユニバーサルミュージック合同会社

YouTube:Machine Gun Kelly - Hollywood Whore

最新アルバム「Tickets to My Downfall」で自身初のビルボード1位を獲得し、「Bloody Valentine」がVMAsの最優秀オルタナティブ・ビデオ賞を受賞するなど、今まで以上の成功を掴んだMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー:通称MGK)。しかし彼は「Tickets to My Downfall」の前にリリースしたアルバム「Hotel Diablo」が正当に評価されなかったと感じているようで、マシン・ガン・ケリーがそのことについて語った内容を紹介したい。

 関連記事: マシン・ガン・ケリーがVMAを受賞するまで音楽活動を辞めるか悩んでいたと明かす。「トンネルの最後には光があった」

 マシン・ガン・ケリーはInterview Magazineにて以下のように語っている。

 「ヒップホップのアルバムとして、始まりから終わりまで完璧だった。そして俺がポップ・パンクをアルバムをリリースし、進化するというヒントも含まれていた。だけどエミネムとのあの有名なビーフの後だったから、誰にも興味を持ってもらえなかった。」

 エミネムとビーフをした後に「Hotel Diablo」をリリースしたため、リスナーからの興味を得られなかったと語るマシン・ガン・ケリー。彼は2012年にエミネムの娘について「超セクシーだ」とツイートしており、それがきっかけでエミネムとマシン・ガン・ケリーのビーフが始まった。

エミネムはアルバム「KAMIKAZE」に収録されている「Not Alike」にてマシン・ガン・ケリーを名指しでディスしており、そのアンサーとしてマシン・ガン・ケリーがリリースしたのが「Rap Devil」という楽曲だった。「Rap Devil」は秀逸なディストラックとして評価されたが、その後エミネムがさらにアンサーとして「KILLSHOT」というディストラックをリリースした。この頃が世間的にもビーフの盛り上がりのピークとなったため、その後に「Hotel Diablo」をリリースしたマシン・ガン・ケリーは「Hotel Diablo」が正当な評価を得られなかったと感じているようだ。

映画を公開して、その直後にもっと良い映画を公開したみたいな感じだよ。だけどみんなはその内容に関わらず作品を嫌う。俺はあのビーフでやるべきことをやったけど、あのプロジェクト自体が歓迎されていなかったんだ。次のアルバムを制作するとき、俺は既に期待されていないように感じていたから、世の中からどう思われるかすら俺はどうでもよかった。だから皮肉にも「Tickets to My Downfall」が俺の最も評価されたアルバムになったんだ。一番苦労しなかったし、外側からの影響も全く受けなかった。