U-22プログラミング・コンテスト、最優秀は東京医大生

©株式会社イード

受賞者全員で記念撮影

「U-22プログラミング・コンテスト2020」最終審査会が2020年11月29日に開催され、各賞が決定。経済産業大臣賞<総合>は、東京医科大学の学生2名による高齢者の自動車運転に関する課題をテーマにした作品が受賞した。

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会が主催する「U-22プログラミング・コンテスト」は、自らのアイデアと技術で新しい未来を拓く、次代を担う22歳以下のITエンジニアを対象とした作品提出型プログラミングコンテスト。2020年の最終審査会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンライン上で行われた。

当日は、入選16作品について、制作者自らがプレゼンテーションを実施。審査の結果、経済産業大臣賞<総合>は、東京医科大学の西村太雅さん、野田都里人さんの作品「AIを用いた自動車運転能力測定装置」が受賞した。高齢者の自動車運転事故を削減したいという目的で制作され、その完成度の高さから、企業のトップで活躍する実行委員も今後のサービス化に期待した。なお、経済産業大臣賞<総合>は全応募作品のうち、「プロダクト」「テクノロジー」「アイデア」の3つのカテゴリの観点から見ても大変優れており、総合的にもバランスが取れている作品に贈られる。

経済産業大臣賞の各カテゴリーの受賞者は、<プロダクト>が守山市立速野小学校の越智晃瑛さんの作品「点体望遠鏡」、<テクノロジー>が愛知工業大学情報電子専門学校の坂井田逸斗さんの作品「3密チェッカー」、<アイデア>が富士市立富士南中学校の鶴田慈貴さんの作品「deepMusa」。

このほか、経済産業省商務情報政策局長賞を6作品が受賞。サイボウズ賞、さくらインターネット賞などのスポンサー企業賞の各賞も決定された。U-22プログラミング・コンテスト2020の審査結果は、公式Webサイトに掲載。受賞作品の作品概要も公開されている。

桑田あや