和歌山県最高峰で霧氷 龍神岳、今季一番の冷え込み

©株式会社紀伊民報

山頂付近で木々を真っ白にした霧氷(1日午前10時半ごろ、龍神岳付近で)

 寒気と放射冷却の影響で1日朝、和歌山県紀南地方各地は今季一番の冷え込みとなった。田辺市龍神村にある県内最高峰の龍神岳(1382メートル)山頂付近では、霧氷が見られた。

 山頂付近にある林道沿いは、北西からの冷気で氷点下となり、斜面のブナやカエデ類の枝が白くなり、冬の到来を告げていた。

 護摩壇山森林公園総合案内所の管理人によると、今季の霧氷は例年より2週間ほど遅いという。

 アメダス観測点のデータでは、紀南の1日朝の最低気温は、龍神(田辺市)で0.8度、栗栖川(田辺市)1.4度、西川(古座川町)1.8度。県内で最も低かったのは清水(有田川町)で0.6度だった。