西川貴教、役作りで体重増す「ちょっと、ぽっちゃりめでした」

©株式会社アイ・シー・アイ

西川貴教

三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督が30日、都内で、映画『天外者』(田中光敏監督、12月11日公開)の完成披露試写会に臨んだ。

武士の魂と商人の才を持つ男・五代友厚の人生を壮大な青春群像劇として描く。五代友厚は、今年7月に亡くなった三浦春馬さん演じ、五代を取り巻く盟友・坂本龍馬を三浦翔平、龍馬と共に現れ、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教を演じる。

西川は岩崎弥太郎を「どちらかというと手段を選ばない非情な部分が描かれてきたと思いますが、これだけ大きな財閥の礎を一代で築き上げられたのは人間的な魅力もあったからだと思います。その愛らしさの部分を表現しようと思いました」と捉え演じたそう。

そんな西川は鍛え抜かれたマッスルボディでも有名だが、役作りでは「少し体重を増やして臨みました。ちょっと、ぽっちゃりめでした」と明かした。

また、三浦翔平は印象に残ったものとして、五代友厚、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文がすき焼きを食べるシーンを挙げると、西川は「結構食べたよね」と振り返り、監督も「揃えた肉がほとんどなくなっていた。良い肉を用意したんですけどね」と笑顔をこぼした。

また、森永は、ぶんどし姿で弥太郎に水をかけるシーンで、西川から「薄っ!」と言われたことが印象的で「細いならまだしも、薄いって…それをきっかけに筋トレ始めました!」と明かすと、西川は「ほんと、はんぺんみたいだった」と笑いを誘った。