700万部突破「いないいないばあ」指人形セットが登場 ネコのにゃあにゃが絵本から飛び出したよ

©まいどなニュース

「いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット」(童心社提供)

紙芝居や児童書の出版で知られる童心社(東京都文京区)はこのほど、累計出版部数700万部を突破した絵本「いないいないばあ」と指人形がセットになった「いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット」を発売しました。

ネコの「にゃあにゃ」が絵本から飛び出したよ(童心社提供)

セット内容は、同絵本1冊と指人形1体。人形は体長約13センチ。絵本に最初に登場する「にゃあにゃ」がモチーフ。指人形を使って読み聞かせもできそうです。同社では「ご出産のお祝い、初めてのクリスマスプレゼントにぴったりです」とアピールします。

「日本で1番売れている絵本」

絵本「いないいないばあ」(松谷みよ子・作、瀬川康男・絵)は1967年4月15日発売。2020年11月24日の重版で339刷、累計出版部数700万部を突破しました(トーハン「ミリオンぶっく2020」調べ)。日本の絵本としては初の記録で、「日本で1番売れている絵本」「赤ちゃんが最初に出会う本」と言われています。

日本の絵本で初、累計出版部数700万部を突破した「いないいないばあ」(童心社提供)

両手で目を覆ったネコやキツネ、クマたちが順番に登場し「いないいない」をしては、ページをめくるとまん丸おめめで「ばあ」。同社初代編集長は「0歳からの絵本をつくりたいの。0歳からの文学があると思うの」と作者の松谷さんに依頼。画家の瀬川康男さんやブックデザイナー辻村益朗さんらとともに「あかちゃんだからこそ美しい日本語と最高の絵を」と日本初の本格的なあかちゃん絵本を制作しました。

ネコやキツネ、クマたちがページをめくるごとに「いないいない」「ばあ」(童心社提供)

同社には発売当初から「赤ちゃんが本当に笑うんです」「泣き止みました」という感想が寄せられているそうです。動画「絵本『いないいないばあ』700万部出版記念ムービー 700万の、あかちゃんの笑顔のひみつ」も公開中。

「いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット」童心社、2700円(税抜き)、初版2020年12月1日、サイズ23×28.7cm、セット内容は「いないいないばあ」1冊、にゃあにゃのゆびにんぎょう1体。