くっきー!「うれしくて、身長もちょっと伸びた」BEAMS×焼酎のデザインを担当

©株式会社フジテレビジョン

12月1日(火)、本格焼酎3社×BEAMS JAPAN「焼酎のススメ。2020」発表会が行われ、「焼酎のススメ。2020」の各コンテンツのキービジュアルを手掛けた、くっきー!が登壇した。

赤いキャップをかぶり登場したくっきー!は、今回デザインを担当したことについて「こんな大デカ仕事をいただきまして、自分のランクがグンと上がりました。ありがとうございます」とあいさつ。

また、声がかかったときのことを「うれしかったですね、背筋が伸びるって言うんですか?背筋がグッと上がったんで、身長もちょっと伸びましたよ」と“くっきー!節”全開で振り返った。

発表会では、くっきー!が手掛けた米、麦、芋焼酎のパッケージデザインがそれぞれ披露された。米焼酎のデザインについては「お米って神様にお供えしたりするような、由緒正しき食べ物じゃないですか。日本の代表というかね。だから、心を込めてすごく丁寧に描きました」と紹介。

麦焼酎は「麦って金色なね、イメージで。金って何かと考えたら『麦→金→ピラミッド』のほうにいっちゃったんですね。それで、なんとなく(考古学者の)吉村作治さんをイメージして…」と独特な発想を明かし、「このお酒、“作治”って名前ですよね?」と照れ隠しをし、笑った。

イメージの発想法についてMCから聞かれると、くっきー!は「だいたい憑依させるんですよ、著名なピカソとか。僕は、もともとイタコ(※)の血筋なんで、憑依させてそこから描くんで。今回は片岡鶴太郎さんをおろして描きました(笑)。だから鶴太郎さんの絵です、これはね」とボケ倒した。

※イタコ…口寄せにより死者の魂を自分に憑依させ、言葉を伝える女性の霊媒師。

芋焼酎は、「芋ですね、まさに芋。芋だけ神的な要素がなかったんで、ただの人民を描きました」とシンプルに描いたこと語り、「でも芋は愛されてるじゃないですか、芋焼酎って女子も飲むでしょ?まぁ全部飲みますけど」とフォローした。

また同様のデザインは、焼酎のパッケージ以外にも使われているということで、くっきー!がデザインの施されたTシャツを見せた。しかし、思いの外、写真を撮ってもらえず「シャッターおろせよ、もっと!パシャパシャせえよ」とパンチを出す動きを見せ、取材陣を笑わせた。