櫻井翔に“経歴詐称”発覚! ウソをついてジャニーズ入所した過去…

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

11月28日に放送された『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、櫻井翔がジャニーズ事務所に送った履歴書に〝虚偽〟の記載をしていたことが発覚した。

『嵐』は年内でグループとしての活動を一時休止するため、「しやがれ」の放送も残すところあと5回。番組は、ゲストの半生を振り返る「記念館」企画を「嵐」メンバー週替りで行い、集大成に入っている。

第2回の今回は、櫻井の半生を振り返る「櫻井翔記念館」。慶應義塾大学時代の同級生がVTRで櫻井の思い出を語り、幼少期のカセットテープが流されるなど、プライベートでの素顔も振り返られていく。

また、櫻井が実家から持ち出したという、ジャニーズ事務所の書類選考通過を知らせるオーディション通知の原本が示されるなど、レアな証言が続々登場。しかし、半生を振り返るパネルには「実は経歴詐称していた」と、不穏な文字が躍っている。

櫻井翔の経歴詐称がバレるTVショー

櫻井は中学2年のころからギター教室に通い、コードも2~4つ覚え簡単な曲なら弾けるようになっていたと回顧。履歴書の趣味・特技欄にも「ギター」と記入し、オーディションでは故・ジャニー喜多川元社長から「YOUギターできるの?」と聞かれたと語る。

すると、何やらメンバーはニヤニヤとしだし、櫻井が「できます!って(答えた)」と明かすと「はいアウト!」とツッコんで爆笑。視聴者からも、

《ジャニーズ事務所の履歴書詐称はビックリ》
《何を詐称してたかというと、ギターを弾けるということw》
《翔くん経歴詐称疑惑…》
《特技:ギター詐称ってw》
《詐称してた(笑)》

など、笑いが沸き起こった。

「弾ける」と言えないほどの実力にもかかわらず、イエスと答えた櫻井。これがジャニーズ入りにつながったのならば、代わりに落ちた応募者はやりきれないだろう。

やはり、就職活動は「嘘をつける者」が勝つようだ。