伊丹市、航空2社出向受け入れへ

大阪空港のある兵庫県の市

©一般社団法人共同通信社

 大阪(伊丹)空港がある兵庫県伊丹市が、全日空と日航から社員の一時出向を受け入れる方向で検討を始めたことが1日、市への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大で業績が悪化している航空業界では、社員を外部出向させて雇用を維持する動きが広がっており、市は今後、両社と協議を進める。

 伊丹市はビジネスや観光の「関西の玄関口」として空港を活用した地域活性化に取り組んでいる。市は具体的な受け入れ人数や期間を調整しており、担当者は「普段から航空業界とは交流が深く、民間のノウハウをどのように生かせるか検討したい」と話した。