新型コロナ 12月1日は9人の感染確認 山梨

©株式会社テレビ山梨

山梨県内では12月1日、男女9人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
このうち4人は山梨県都留市のスナックの従業員と利用者で、県はこのスナックを利用した人は最寄りの保健所に連絡するよう呼びかけています。
県と山梨県甲府市によりますと、12月1日に感染が確認されたのは20代から80代の男女9人です。
このうち50代と40代の女性と60代の男性2人は都留市上谷にあるスナック「GONJI」の従業員と利用者です。
このスナックでは11月30日も従業員の50代の女性の感染が確認されていて、計5人の感染者が確認され県はクラスターが発生したと見ています。
このスナックは県の休業協力要請の対象施設ですが、個別解除は受けておらず、営業中の対人距離の確保やマスクの着用が徹底されていないなど感染症対策が不十分だったということです。
またこのスナックは1日あたり20人から30人の利用客がいて、県はさらに感染が広がる恐れがある上、利用者の特定が難しいとして12月1日の夜、会見を開き5人のうち最初に症状が出た従業員の発症日の2日前にあたる先月21日以降、スナック「GONJI」を利用した人は最寄りの保健所に連絡するよう呼びかけています。
このほか9人のうち1人は11月12日に1度感染が確認され入院し、11月25日に退院しましたが再び発熱などの症状が出て再陽性が判明しました。
残る4人の感染経路はわかっていません。
県内の感染確認の累計は355例となりました。