【ノア】王者・潮﨑 6日GHC戦 前哨対決で杉浦粉砕!「本当の〝アイアムノア〟を証明します」

©株式会社東京スポーツ新聞社

潮崎のチョップを浴びる杉浦(左)

ノア1日の東京・後楽園ホール大会で、GHCヘビー級王者の潮﨑豪(38)が杉浦貴(50)に前哨戦で完勝した。

6日のV5戦(東京・国立代々木競技場第2体育館)を控え、潮﨑は杉浦と激しく激突し、強烈なチョップで胸板を真っ赤に染め上げた。途中、エルボー乱射などで攻め込まれ、杉浦のパートナー・鈴木秀樹(40)に右腕をひねり上げられ悶絶するピンチもあったがなんとか切り抜けると、最後はサポーターを外して杉浦にショートレンジの豪腕ラリアートを叩き込んで3カウントを奪った。

前哨戦での完勝に潮﨑は「俺が初めてのGHCを(2009年に)取られたのと同じ12月6日に杉浦貴と戦える。俺は、運命を感じるよ。勝って、本当の〝アイアムノア〟を証明します」と断言。この日も攻められた右腕には痛々しくテーピングが巻かれるが「絶好調! 俺がGHCヘビー級チャンピオンなんだよ。常に絶好調なのが、GHCチャンピオンだ!」と力強く話した。決戦までわずか。もう、待ったなしだ。