AKBグループ歌唱力決定戦、2位はSKE野島樺乃「悔いはない」

©株式会社アイ・シー・アイ

最初のステージで歌う野島樺乃

AKB48国内6グループのメンバーの中でもっとも魅力的な歌い手を決める『第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の決勝大会が1日、都内で行われ、初代女王の野島樺乃(SKE48)は2位だった。

決勝大会の初戦。第4組は、世界観が広げた古畑奈和(SKE48)、力強い歌声を見せた高橋彩香(AKB48)、難しい楽曲を選曲した小島愛子という強豪の中、ONE OK ROCKの「wherever you are」を歌唱。優しさと力強さという緩急をつけ、圧巻の歌唱力を見せた。

古畑と共に次のステージに駒を進めた野島。ファイナル歌唱審査で選曲したのは「私のお母さんが大切にしている曲」だという竹内まりやの「いのちの歌」。「大切に心を込めて」という言葉の通り、先ほどまでとは異なる奥行きのある歌声とともに丁寧に歌い上げた。

審査員を務めた高橋洋子は「素晴らしい。こういう曲は難しいと思っています。一つ一つの音、ブレス、ハイトーン、どれも大事にされていました」と絶賛。

応援に駆け付けたSKE48の大場美奈は「感動がすごくて。第1回大会で1位に獲ってから凄くキラキラしていて。それ以降もずっと努力してきたのを見てきたからきょうは発揮出来ていて良かった」と称えた。

優勝はSTU48の二期研究生・池田裕楽。野島は2位だった。「悔しいけど、嬉しい。悔いはないです」と清々しい表情を見せていた。

その後に行われた囲み取材で野島は「久しぶりにこのステージに立って心の底から楽しくて、歌っている記憶がないぐらい集中していました。優勝した池田ちゃんも凄い。第1回目の私を見ているようで、感動しています」と感無量の様子。

ファイナリスト8人と審査員特別賞に選ばれた1人でオリジナル曲が黒沢作曲のもと制作されることも決定した。野島は「びっくりです!」と喜んだ。

なお、本舞台の裏側に密着したドキュメンタリー特番は、2021年1月にCS放送TBSチャンネル1で放送。ファイナル歌唱審査に進出した8人と、審査員特別賞に選ばれたメンバーが1人が出演する『ファイナリストLIVE』も開催される予定だ。