【韓国】ミニストップ、ソウルにファストフード店[食品]

©株式会社NNA

韓国ミニストップはソウル・新村に「スーパーバイツ」1号店をオープン(同社提供)

コンビニエンスストア大手の韓国ミニストップは1日、ファストフード店の「スーパーバイツ」1号店をソウル・新村(西大門区)にオープンしたと発表した。韓国でコンビニがファストフードの直営店を出すのは同社が初めて。新たな収益の柱として育成したい考えだ。

店舗は80平方メートルの広さで、座席数は24席。メニューはハンバーガーやフライドチキン、コーヒー、ソフトクリームなど40種以上からなる。新型コロナウイルス感染症の拡大で広がる「非対面需要」に対応するため、テークアウトのほか、オンラインで注文して店頭で受け取るピックアップサービスやデリバリーサービスにも力を入れる。

韓国ミニストップは今後、住宅の密集地域を中心に店舗を拡大していく計画だ。同社のシム・グァンソプ代表は「変化と革新を通じて顧客の新しいライフスタイルに対応できるよう、さまざまなチャレンジを続けていきたい」との抱負を語った。