米国女子と連盟、一部和解

サッカー待遇格差訴訟

©一般社団法人共同通信社

オランダでの国際試合に臨むサッカーの米国女子代表=11月27日、ブレダ(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】女子サッカーの米国代表選手が男子代表との格差是正を求め、米国連盟を相手取った訴訟で一部和解が成立したと1日、AP通信が報じた。賃金を巡る対立は残したまま、条件面で男子代表と同等のチャーター機や宿泊施設、試合会場、スタッフの提供を受けることで合意した。

 五輪、ワールドカップ(W杯)ともに4度の優勝を誇る女子代表は昨年3月に連盟を提訴。同一賃金法に反するとした損害賠償請求は今年5月に退けられたが、労働条件面の審議は継続となっていた。