コロナ臨時検査 センターを開設 佐世保市が年末年始

©株式会社長崎新聞社

 長崎県佐世保市は1日の市議会文教厚生委員会で、年末年始の市立急病診療所(高砂町)の受診者のうち、新型コロナウイルス感染の疑いがある人を対象にスクリーニング検査を実施する方針を明らかにした。
 市によると、31日から来年1月3日までの4日間限定で臨時検査センターを開設する。年末年始は受診者が増えることから、安全に診療ができる環境を整え、2次救急医療機関の負担を軽減することが狙い。
 受診者のうち、風邪や発熱などの症状があり、行動歴などから新型コロナ感染の疑いがある人が対象。簡易的な抗原検査キットを活用し、陽性の場合は医療機関で確定検査や重症度の判断を行う。
 市は文教厚生委で「年末年始も安全で適切な医療を提供できるようにしたい」と説明した。