【それな】仮眠で寝すぎないようにする方法がツイッターで話題に - 「わかりみがふかい」「あるある」の声

©株式会社マイナビ

テスト勉強やテレワークなど、夜遅くまで自宅作業をしているときに「5分だけ仮眠を取ろう」と目をつぶり、気づけば朝になっていた……なんて痛い経験をしたことがある人は多いはず。

そこで今回ご紹介したいのが、川尻こだまさん(@kakeakami)が投稿した、仮眠をするためのライフハックです。

ムリな体勢で仮眠するライフハック (@kakeakamiより引用)

この投稿を見た人からは、「昨日やったばっかりだ……」「わかる(;;)」といった共感の声はもちろん、「椅子に座って机に屈んだ姿勢で寝るといいですよ~」というような、オリジナルの仮眠方法が集いました。長く寝てしまわないように、あえて眠りずらい体勢を取っている人が多いことがわかります。

投稿者である川尻さんにお話を聞いてみたところ、「みんなにも限界ライフハックを知ってほしくて……」という想いからこちらの投稿が生まれたのだそう。そしてほかにも普段から試しているという仮眠方法を教えてくれた。

それは「ベッドの淵で寝る身体半身落ちそうになりながら仮眠」とのこと。

ギリギリ寝られる環境で仮眠をとることが大切なのかもしれません。

川尻こだまさんのツイッターアカウントはこちら

これからの寒い季節は、暖房やこたつ、あったかいお布団など、睡眠への誘惑がどんどんと多くなっていきますね……。夜遅くまで頑張らなければいけない日もあるかもしれませんが、しっかりとご自身のペースを大切にしてくださいね。