木内幸男さん、通夜に2400人

高校野球監督、甲子園3度V

©一般社団法人共同通信社

木内幸男さんの通夜会場に展示されたユニホームや写真=2日、茨城県取手市

 高校野球の監督として茨城の取手二高、常総学院高を計3度の甲子園大会優勝に導き、11月24日に肺がんのため89歳で亡くなった木内幸男さんの通夜が2日、茨城県取手市の斎場で営まれ、雨が降る中、教え子ら約2400人の参列者が別れを告げた。

 入り口には優勝盾やユニホームが飾られ、夏の甲子園大会歌が流された。常総学院高OBで来季DeNA2軍監督に就く仁志敏久さん(49)は「形式ではなく常識で考える野球を学んだ」と語った。

 エースとして活躍した常総学院高の島田直也監督(50)は「(木内さんを)抜くことはできなくても、近づくことはできるはず」と思いを込めた。