ノリタケ、医薬品装置を開発 日揮と共同 原料の混合効率化 生産計画変動に柔軟対応

©株式会社中部経済新聞社

層流混合装置の試作品

 ノリタケカンパニーリミテド(本社名古屋市)は、医薬品の製造を効率化する混合装置を開発した。プラントエンジニアリング国内最大手の日揮(本社横浜市)と共同開発で、2021年前半の販売を目指す。原料を連続で工程に投入し、継続的に医薬品の有効成分を取り出すことができることから、従来の製造法に比べ、生産計画の変動に柔軟に対応できる。感染症リスクが高まる中、緊急時に必要な医薬品を安定供給する装置として注目を集めそうだ。