戸田恵梨香、朝ドラ後初レギュラー 長瀬智也主演『俺の家の話』出演決定

©ブロードメディア株式会社

長瀬智也主演ドラマ『俺の家の話』に出演する戸田恵梨香

TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛ける2021年1月スタートのドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)に、女優の戸田恵梨香が出演することが発表された。戸田のドラマレギュラー出演は、2019年度後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインを務めて以来、初となる。

長瀬と宮藤が11年ぶりにタッグを組む本作は、濃すぎる家族が織りなすホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーの観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のため現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げる。キャストは、長瀬、戸田のほか、西田敏行、桐谷健太、永山絢斗、井之脇海、女優の江口のりこ、平岩紙の出演が決定している。

戸田が演じるのは、謎の介護ヘルパー・志田さくら。訳あって20年以上も家族と音信不通だった寿一は、父・寿三郎(西田)の危篤の知らせを受け、病院に駆け付ける。奇跡的に一命を取り留めた寿三郎が婚約者として紹介したのが、介護ヘルパーのさくらだった。さらに、寿三郎が遺産をすべて彼女に譲ると宣言したため、家族は仰天。さくらは献身的に寿三郎を介護するものの、遺産目当てではないかと寿三郎の子どもたちからいぶかしく思われるという役どころだ。

宮藤脚本のドラマ『流星の絆』(2008)ではヒロインを演じた戸田。さらに、宮藤脚本のドラマで長瀬と共演するのは、2010年放送の『うぬぼれ刑事』第4話にゲスト出演して以来11年ぶりとなる。

本作出演の喜びを「宮藤さんと長瀬さんの織りなす世界観に参加させていただけるなんて本当に嬉しいです」と語った上、「『流星の絆』では桐谷健太さんに『地味』と書かれたポストイットを貼られましたが、今回は脚本のト書きに『地味な女』と、宮藤さんの私のイメージなのか願望なのか分かりませんが書かれておりましたので、このホームコメディを真面目に、そして地味に頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

金曜ドラマ『俺の家の話』は、TBS系にて2021年1月より毎週金曜22時放送。