女優・奈緒とシソンヌがラップでマニフェスト披露!“スーシャルディスタンス”のキャンペーン動画『スーシャル選挙』

©株式会社リライアブルピーアール

JTは、たばこを吸う人と吸わない人の距離を喫煙所でつくる“スーシャルディスタンス”のキャンペーン第2弾として、女優の奈緒とお笑いコンビ・シソンヌを起用したWEB動画『スーシャル選挙』を公開中だ。

“スーシャルディスタンス”とは、たばこを吸う人と吸わない人が気持ちよく過ごせるちょうどよい距離のこと。

『スーシャル選挙』では、たばこを吸わない奈緒率いるスワン党が「無くしたい、望まない煙」というマニフェストを掲げ、一方のたばこを吸うシソンヌ率いるスイマス党は「日本の吸える場所、無くしちゃいけない」のマニフェストを掲げ、この2大政党が相反する立場からそれぞれの想いを実現するために、熱い選挙戦を繰り広げる。

2組の選挙活動中の様子をドキュメンタリー仕立てで展開し、リアリティのあるフェイクな世界が楽しめる。

11月30日(月)より公開なのが「マニフェスト篇」。

ストーリーは、某撮影スタジオで『悲しみを忘れた鴎たち』の撮影現場にて主演舞台のポスター撮りのため、メイク中の奈緒にドキュメンタリー班が密着。ポスター撮りから役に入り込む奈緒。

密着が終了し、番組ディレクターがたばこを吸いに行こうとしたとき、奈緒がラジカセから流れる音楽に合わせてラップを始める――。

唖然とするスタジオ内。記者会見場に移動した奈緒は、スワン党立ち上げを高らかと宣言する。

一方、隠しカメラを仕込んだ会議室にはシソンヌが・・・

自分たちが出演する映画の監督から、ありえない変なキャラクターの演技を要求される、というドッキリ。

妖精と恋するハエ、右脳と左脳、おかめと ひょっとこの恋、ひとり大家族…普段から個性的なキャラクターコントを披露するシソンヌらしい対応ぶりを見せる。

ネタバラ後、一服したかったのにも関わらず近くに喫煙所がないと知った二人は落胆。

そして、じろうのヒューマンビートボックスが始まり、それに合わせて長谷川が魂のラップを展開する。

記者会見で長谷川は、今後のスモーカーの未来を案じ、スイマス党を立ち上げることを宣言した。

とにかく、両者のラップは必見だ!

是非チェックしてみよう。