与党、今国会の会期延長を拒否

野党は疑惑巡る質疑を要求

©一般社団法人共同通信社

国会内で会談に臨む与野党の国対委員長ら=3日午前

 自民党の森山裕国対委員長は3日の与野党国対委員長会談で、野党側が求めた今国会の会期延長を重ねて拒否した。野党側は、安倍晋三前首相の「桜を見る会」前日の夕食会を巡る疑惑や吉川貴盛元農相への現金提供疑惑に関し質疑する必要があると強調した。野党側は、会期延長を求める動議を4日に提出すると伝えた。

 会談で森山氏は「予算編成作業の日程が厳しい。5日の会期末で閉会する」と述べた。立憲民主党の安住淳国対委員長は「疑惑にふたをするため、無理やり国会を閉じることになる」と批判した。野党側は、新型コロナウイルス対策に関する議論が不十分とも主張した。