サッカー=ロナルドがキャリア通算750得点、女性主審担当試合

©ロイター

[トリノ(イタリア) 2日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は2日、各地で1次リーグの試合を行い、G組でユベントス(イタリア)がディナモ・キエフ(ウクライナ)に3─0で勝利した。

ユベントスは前半にフェデリコ・キエーザのゴールで先制し、後半にはクリスティアノ・ロナルドがキャリア通算750得点を達成するゴールで追加点。さらにアルバロ・モラタがゴールした。

ロナルドはインスタグラムで「私がこの信じられないほどの数に到達するのを助けてくれた全ての選手と指導者に感謝する」と投稿した。また、この試合はCL史上初めて女性主審のステファニー・フラパールさんが担当したことでも話題を呼んだ。

G組のもう1試合はバルセロナ(スペイン)が勝利。ユベントスとともに決勝トーナメント進出を決めているが、最終戦では1位通過を争う直接対決となる。