【日野】天狗のマークの「TOYODA BEER(トヨダビール)」を飲んでみた!

©株式会社サンケイリビング新聞社

こんにちは。地域特派員のまきむら あいです。宴会の乾杯ドリンクといえば、やっぱりビール!ですよね。今回は日野市がプロデュースした復刻地ビール「TOYODA BEER(トヨダビール)」と多摩地域のビールの歴史についてご紹介します!そして、今回はおうちで実際に飲んでみましたー!

日本のビールのはじまり

いちばん身近なアルコールといえばビールという方、多いのではないでしょうか。料理に使ったり、お中元やお歳暮の定番商品だったり。宴会スタートとともに、ついつい言ってしまう「とりあえずビールで!」というセリフから、略して「とりビー」という言葉も生み出すほど、ビールは私たちの生活に身近な存在です。

が…さてこのビール、いつ頃日本に入ってきたかご存知ですか。

今からおよそ400年前の西暦1613年(慶長18年)6月、イギリス船「クローブ号」が長崎県平戸に入港した際、積荷の中にビールがあったといわれていて、これが日本にビールが入ってきた最古の記録ではないかといわれています。それから200有余年の時を超え、1853年(嘉永6年)、物理化学に関する研究や西洋の書物の翻訳で優れた業績を残した蘭学者の川本幸民が、日本人として初めてビールを醸造し、日本のビール史は曙を迎えました。

私たちの住む多摩地域では、1867年(慶応3年)10月14日の大政奉還からさらに20年が経った1886年(明治19年)、日本が近代国家へと歩みを進める中で、日野市豊田の山口平太夫氏によって初めてビールが造られました。

ということは…「TOYODA BEER」の「TOYODA」は地域の名前なのですね!そして意外にも日野市が多摩地域初のビールの産地だった、ということに…

出典:リビング多摩Web

ラベルにも、アルファベットで「南多摩郡・豊田村・武蔵国」「山口平太夫」の文字が!

多摩地域のビール産業と復刻

2013年(平成25年)、この山口氏が醸造したビールに関する発掘調査と蔵の調査が行われ、煉瓦造のビール貯蔵所跡や当時のラベル、ビール貯蔵所を写した写真乾板などが発見されました。明治時代のラベルは2種類見つかり、そのうちの1枚には「知新堂石印」の文字を見ることができたそうです。

※「知新堂」は当時印刷業が盛んだった京橋区(現・中央区京橋)にあった石版印刷所でした。TOYODA BEERはビールの品質だけでなく、そこに貼られたラベルまで、時代の先端であり細部へのこだわりがあったことがわかります。

このときの発掘調査と蔵の調査をきっかけに、このビールを「TOYODA BEER」と銘打って復刻しようという動きが起こって、地域の活性化や日野市の認知度向上を図ることを目的に「復刻プロジェクト」が立ち上がったそうです。

発掘調査のニュースを見るといつも思うのですが、当時の痕跡を探すのは並大抵ではないと思います。それに情熱をかける人々の苦労がなければ成り立たないですよね。そして、それが私たちの目に触れる状態になるってすごいこと。今回も、「TOYODA BEER」を私たちが今飲めるって…本当にすごいことですね!

出典:リビング多摩Web

思いがたくさん詰まった「裏ラベル」。こんなメッセージ入りのラベル初めて。

どこで飲める?天狗のマークの「TOYODA BEER」

そんな「TOYODA BEER」、日野市内の店舗ならどこでも飲めるわけではありません。お食事しながら飲めるのは日野市内の17店舗+京王線高尾山口駅前の京王高尾山温泉と23区内の2店舗のみ。販売をしている小売店は21店舗です。

出典:リビング多摩Web

令和2年11月中旬に、JR豊田駅南北14店舗で開催された街バル「天狗バル」では、普段お取り扱いのない店舗も参画して「TOYODA BEER」をPRしたとのこと!(来年のイベント時は、必ず先行お知らせしたいと思います!)

出典:リビング多摩Web

実際どうなの?「TOYODA BEER」飲んでみた!

と、ここまで来て、飲まずに終わることはできません。今回は瓶ビールを購入して、家族で楽しみました。開栓してみると、色が結構濃いです。味わいは…これはごくごく飲むのがもったいない!かなりの麦感、しっかりした香り。「芳醇」という言葉で表現すると良いのでしょうか?

令和2年1月15日に、JR豊田駅南口に直営のビアスタンド「BEER STAND TOYODA(ビアスタンドトヨダ)」がオープンしたということですので、次はビアスタンドで飲んでみようかしら。

出典:リビング多摩Web

おうちで飲むのでおつまみは簡単に。こういう時こそ凝ったものを作れます!と言いたいところですが、残念…作れません。それに今日の主役は「TOYODA BEER」!どんなおつまみでも良いのです。

出典:リビング多摩Web

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。地元にこんなにおいしいビールがあるなんて驚き!地ビールのこだわりを感じました。皆さまもお試しあれ☆

【主催・運営】TOYODA BEERプロジェクト実行委員会

【事務局】 日野市産業スポーツ部産業振興課 TEL:042-514-8437(直通)

【SNS情報】

TOYODA BEER公式HP: https://toyoda-beer.tokyo/index.html

TOYODA BEER公式SNS: https://www.facebook.com/Toyoda-Beer-1622571158025539/