ジャニーズWEST・重岡大毅、木村拓哉と「教場Ⅱ」で初共演に感激

©株式会社東京ニュース通信社

ジャニーズWESTの重岡大毅が、2021年1月3・4日にフジテレビ系で放送される「教場Ⅱ」(午後9:00)に出演することが分かった。

本作は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズを原作に、木村が他を寄せつけることすら許さないすごみのある立ち居振る舞いで、生徒たちを恐怖に震え上がらせる、冷酷無比で“最恐”の神奈川県警察学校の教官・風間公親を演じるドラマの第2弾。

重岡が扮(ふん)するのは、風間の199期生徒・出馬求久(いずまもとひさ)。クラスのトップを意味する総代の位置を争う優秀な生徒という役どころだ。重岡が木村と共演するのは、今回が初めてとなる。

199期の生徒だったが、あることをきっかけに休学し200期生徒として復学する石上史穂(上白石萌歌)。史穂はなぜ休学することになったのか? 出馬、史穂のほか、浦美慶介(三浦貴大)、佐久野みゆ(佐久間由衣)、小嘉竜一(嘉島陸)がその出来事に関係している。

出馬と浦美は199期の生徒の中でも、共に優秀な生徒だった。休憩時間には史穂が出馬と浦美に試験の問題を出し、2人が答えを競い合うなど、切磋琢磨(せっさたくま)する2人を見守ってきた史穂。しかし、ある授業をきっかけに、199期の生徒たちに予期せぬ悲劇が起きる。

木村との初共演に、重岡は「同じ事務所の後輩として一度は共演したいと思っていた先輩なので、“よっしゃ! 初共演や!”って。メンバーにも出演が決まった話をしたら『よかったやん!』ってみんな喜んでくれました」とうれしそうで、「木村さんとの共演は特に独特の緊張感がありました。前作を見ていて、映像からピリピリとした雰囲気は伝わってきていたので、それを現場で直接味わうことができて、貴重な経験をさせていただきました」と感激。また、「警察学校の生徒は髪が耳にかかってはいけないということで、思い切って刈り上げました! 僕は短髪が好きなので、全然問題なかったです」と気合十分だ。

放送に向けて「生徒たち一人一人にいろんなエピソードがあって、前作とは全く違うものにもなっていますし、想像できない展開がてんこ盛りなので、僕自身も早く完成したものを見たいと思う作品です。いろんな話が詰め込まれていて、すごくぜいたくな作品だと思いますので、ずっと引き込まれっぱなしになると思います。とにかく僕も早く見たいです!(笑)」と期待に胸を膨らませている。