田原俊彦の娘・田原可南子が初出場!「父親の名も背負っているので、恥はかけない」

©株式会社フジテレビジョン

12月4日(金) 19時より、フジテレビでは『日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』が放送される。

『ものまね王座決定戦』は、ものまね芸人をはじめ、ものまねが得意なお笑い芸人、アーティストら総勢28組が、負けたら最後のトーナメント方式でそれぞれのものまね芸を競い合う、年に一度の特別番組。司会は、今田耕司と東野幸治。また審査員として、堺正章、小倉智昭、片岡鶴太郎らが出演する。

左から)山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)、東野幸治、今田耕司、西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)

今回は、昨年2019年の王者ダブルネームをはじめ、2012年夏王者のミラクルひかる、2012年冬&2016年二冠王者のビューティーこくぶ、2014年王者の布施辰徳、2017年王者のエハラマサヒロ、そして「ものまね四天王」の栗田貫一、ベテランのノブ&フッキー、ほいけんた、みはるらが集結。

さだまさしのものまねを披露する栗田貫一
ぴんから兄弟のものまねを披露するノブ&フッキー

また、“ものまね次世代“を担う、山本高広、鈴木麻由、藤本匠、たぐちゆうきの他 、“ものまね新世代”からはななみなな、小川美佳、NASUMI、春風みずほらが参戦。超実力者たちがひしめき合い、ハイレベルな戦いが繰り広げられる。

浜田雅功のものまねを披露する山本高広

そして、今回初参戦するのは、田原可南子、人気YouTuber虹色侍のずま、ボーカルグループaoiroの松浦航大、ニューカマーのものまねタレント・杉野ひろし、ものまねタレントを目指す現役サラリーマン・Ichiの5人。

米津玄師のものまねを披露する松浦航大

中でも注目を集めるのは、伝説のアイドル・田原俊彦を父に持ち、タレントとして活躍している田原可南子。田原は今回、ものまね初挑戦でWhiteberryの「夏祭り」を披露する。ものまねを初めて披露するにあたっては、父親からもアドバイスをもらったという。

田原可南子

さらに今回、1973年から放送している老舗番組だからこそできる、今では見られない超貴重お宝映像も随所に盛り込んでいく。五木ひろし、石川さゆり、小林幸子ら演歌界の大御所たちが過去に番組で披露したものまねは必見だ。

藤井フミヤのものまねを披露するANZEN漫才(みやぞん)

田原可南子 コメント>

――初出場となりますが、今のお気持ちは?

小さい頃にアイドルに憧れていたので、歌番組ですし、まずは楽しそうだな、「やっちゃおう!」と思いましたが、本番が近づくにつれて「本当に大丈夫かな?」と不安になりました(笑)。

いろいろな感情がありましたが、3周くらいまわって、本番当日の今日はとにかく楽しもうと落ち着いています。

――リハーサルを終えた心境は?

ものまねはもちろん、歌を披露するのも初めてなので、自分の中ですごく大きな挑戦でしたが、これを乗り越えたら何でもできるんじゃないかと思っています。

――Whiteberryの「夏祭り」のものまねに挑戦しますが?

本番までに一人カラオケでたくさん練習しました。逆に、練習しすぎてしまって、高音が出せるか心配です。声を守るために、リハーサル後はすごく静かにしています(笑)。とにかく明るく、そして少し舌っ足らずな感じで歌うことを意識しています。

――父親の田原俊彦さんからアドバイスはありましたか?

歌手として大先輩なので、歌う上でどうやったらしっかり声が出るのかを聞きました。「ノドを温めて、エンジンがかかるまで声を出し続けて」というアドバイスをもらいました。

――本番に向けての意気込みは?

何もかもが初めての経験なので、とにかく楽しみたいです。父親の名前も背負っていますので、ちゃんとしたいです(笑)。とにかく、恥はかけないです(笑)。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

私の挑戦を温かく見守ってほしいです(笑)。初めて歌声を披露するので、ぜひ、お楽しみください!

<今田耕司&東野幸治 コメント>

――みなさんのオススメのものまねは?

今田:シュネルくんとずまくんの対戦に注目してほしいです。高音でかなり歌唱力がないと難しい方々のものまねを披露してくれています。1回戦で、どちらかが負けてしまうのは本当にもったいなかったです。『ものまね王座決定戦』は、年1回しかないので、ここでの出来が来年のお仕事に関わってくるので、みなさん真剣でした。

東野:今年はコロナで、ものまね芸人のみなさんのお仕事にも大きな影響が出ているので、みなさんの番組にかける思いがすごく強かったですね。その中で、ミラクルひかるはすごかったですね。目を閉じても、あいつの笑顔が浮かんできます(笑)。

――見どころは?

今田:圧倒的なものまねのレベルに尽きます。『ものまね紅白歌合戦』は、チャレンジするネタなども多いですが、この『ものまね王座決定戦』は、1年の集大成ですから、みなさんが本当に自信のあるネタで挑んでくるので、ハズレがないです。年末の12月にふさわしいエンターテインメントになっていると思います。

東野:ものまね芸人のみなさんが緊張で震えていたり、泣き出してしまうシーンもあって、ジャッジする審査員の方々もつらそうでしたね。

今田:その緊張をうまいこと和ませる、我々、Wコージの軽妙な司会ぶりも楽しみにしてください(笑)。

堺正章&小倉智昭&相川七瀬 コメント>

――印象に残った出場者と見どころは?

堺:田原可南子ちゃんですね。田原俊彦さんの娘さんと聞いて驚きました。実に、ハツラツとした女の子で、これからも芸能界で頑張っていただきたいなと思いました。今回はちょっと油断できないくらい、面白い対戦が続きます。ベテランに対して、若手のみなさんが恐れを知らぬパワーで挑んでいきますので、その攻防を見逃さないでください。

小倉:ものすごくうまい若手の方々が出てきたので、ベテラン勢もうかうかしてられないなという感じを受けました。米津玄師さんのものまねを披露された松浦航大さんは、難しい歌にもかかわらず、うまく特徴をとらえていて驚きました。田原可南子ちゃんは、初出場なのに物おじせずに堂々としていましたね。さすがトシちゃんの子だなと思いました。

相川:見応えがありましたね、本当に点数をつけたくなかったです(笑)。どの方のものまねも、うまいということは当たり前にクリアされているところがすごいですね。その上に、みなさんの巧みな芸を足されているので、本当に楽しめました。YOMAさんは、本当に歌心があって、彼の歌になっているんですよね。彼の心が歌っている感じで、歌にひきこまれすぎて審査を忘れてしまいました。

<出演者紹介>

【司会】
今田耕司、東野幸治、西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)、山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)

【審査員】
堺 正章、小倉智昭、片岡鶴太郎、アンミカ、相川七瀬、森崎ウィン、鈴木ちなみ、足立梨花、大友花恋、青木源太

【出場者】(五十音順)
暁月めぐみ、ANZEN漫才、Ichi、エハラマサヒロ、小川美佳、おばたのお兄さん、栗田貫一、シュネル(SOLIDEMO)、杉野ひろし、鈴木麻由、ずま(虹色侍)、たぐちゆうき、田原可南子、ダブルネーム、NASUMI、ななみなな、ノブ&フッキー、春風みずほ、ビューティーこくぶ、藤本匠、布施辰徳、ほいけんた、松浦航大(aoiro)、みはる、ミラクルひかる、モリナオフミ(フラチナリズム)、山本高広、YOMA(斬波)

左から)青木源太、大友花恋、森崎ウィン