J2熊本などでプレーの田島翔がサンマリノ1部ペンナロッサに加入 欧州CL出場を目指す

©株式会社東京スポーツ新聞社

田島翔

J2熊本などでプレーしたMF田島翔(37)がサンマリノ1部ペンナロッサに加入することになった。同リーグで日本人がプレーするのは初めて。背番号は8になるという。

日本をはじめスペイン、クロアチア、米国、韓国など下部リーグながら海外クラブを渡り歩いてきた田島は「欧州チャンピオンズリーグ出場の目標に向けてサッカーができることに感謝をしながら、一日一日を大切にしていきたいと思います」とし「街全体が世界遺産のサンマリノで、プレーはもちろん、普段の振る舞いから高い意識を持ち、日本人として歴史を刻めるように頑張ります」と意気込みを語った。

サンマリノは周囲をイタリアに囲まれた世界で5番目に小さな国だが、ペンナロッサは2003―04年シーズンにリーグ制覇し、欧州チャンピオンズリーグ1次予選に出場したこともある。昨季リーグは4位。今季優勝すれば、来季の欧州CL1次予選に参戦できるという。

また、日本企業のアトムソリューションズ株式会社がペンナロッサのユニホームスポンサーに決定。同社の林裕一代表は「弊社はフィンテック企業ではありますが、フィンテックという枠にとらわれず、日本とサンマリノのスポーツや文化の橋渡しに微力ながら貢献できれば幸いです」とコメントした。