太田光&光代夫妻、夫婦でイベント登壇 爆笑問題のネーミング秘話など明かす

©株式会社ジェイプレス社

爆笑問題の太田光と太田光代夫妻が2日、都内で開催された「日本ネーミング大賞2020」授賞式に出席。太田はこの日も毒舌が健在で、キレのいい時事ネタを次々に繰り出して会場を笑わせた。

今年最も賞賛すべき商品名やサービス名などを選出する同賞。太田は審査委員長を、光代夫人は特別顧問を務めた。優秀大賞は王子ネピアの「鼻セレブ」が選出された。

太田は冒頭、「どうもみなさん、アンジャッシュの渡部です」と翌日謝罪会見を行うことが報道されていた渡部建の名前を出してあいさつをし、「今日はわたしの謝罪会見にお越しいただきまして。いろいろ多目的にやってしまいましたけど……あ、冗談はこれくらいで」と頭をかいて笑いを取る。

同賞についても「いきなり審査員長に選ばれて、どんな賞なのかもわからず……。でも、日本のそうそうたる企業がノミネートされているものの、こっちが勝手にノミネートしたと聞き、こんな押し付けがましい賞があるのかって」と選考基準やルールをチクリ。「伊勢谷友介くんの裁判と日が重なってふしぎな縁を感じます」とも零すなど、お堅い表彰の場にもかかわらず言いたい放題のトーク。

審査中は太田の暴走に対し、光代夫人からの横槍もかなり入った様子で、太田は「審査員長という立場でやったことがない。責任重大だと思っていたら、特別顧問の方が全然権力が上で……」とぼやいて光代夫人をもチクリ。光代夫人はこれに「本来はわたしは裏方。でも、ここのところ心配なことが多かったものですから、今日もこうして前に出させてもらいました」と太田の監視役としての自身の役割を説明。太田はこれに「(彼女は)審査委員長を審査する審査委員長ですから」とため息。

イベント後は爆笑問題のネーミングについても夫妻で秘話を明かし、太田は「爆笑問題というネーミングは僕がつけたんですけど、当時、横文字のグループが多くてその中で目立つにはどうしたらいいかなって思ってつけたんです」と説明。「爆笑と自分たちで言うのもんだからハードルも上がってしまって、今でも言われます。爆笑問題で爆笑したことがないって。これからも一生言われ続けるでしょうね」と苦笑いも。「それくらいネーミングは大事。一番最初に伝わるメッセージでもある。重要だなと思います。爆笑問題という名前をつけてなかったらここまで時事ネタもやっていなかったもしれない」とも話す。

光代夫人も「爆笑問題というネーミングは変わっているなって思いました。爆笑に問題をつけるって、すごいインパクトがあります。タレントの持っている商品もはっきりわかるのでいいネーミングだなって」と気に入っている様子。お笑いコンビやミュージシャンのネーミングには感心させられるものが多いとも述べ、「(この賞でも)将来、お笑いコンビやミュージシャンのグループ名が審査の対象になればいいなって思います」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)