「犬走り(いぬばしり)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

©株式会社WAKUWAKU/リノベ不動産

誰でもわかるリノベ用語集412

■犬走り(いぬばしり)

「犬走り」とは「いぬばしり」と読みます。「犬走り」とは、溝と垣の間に設けられた通路のことです。犬が通れるほどの幅しかないという意味から、犬走りと呼ばれるようになりました。犬走りは住宅の壁を汚さない役割があり、屋根から落ちた雨水が跳ねるのを防げるのです。

各辞書・辞典からの解説

「犬走り」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「犬走り」とは、以下のような文章で説明がされています。

「建物の保護のために、建物の外周部の足元まわりを石・コンクリート・砂利などで敷き固めた部分。」

つまり、「犬走り」とは、「建物の外周部の石やコンクリートで敷き固めた部分」のことであるとおわかり頂けたと思います。