中国、米の査証制限に反発

「イデオロギーの政治化」

©一般社団法人共同通信社

記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=4日、北京(共同)

 【北京共同】中国外務省の華春瑩報道局長は4日の記者会見で、トランプ米政権が中国共産党員の査証(ビザ)制限措置を設けたことについて「イデオロギーの違いを政治化するのが目的だ」と強く批判した。その上で共産党を敵とすることは「世界人口の5分の1を占める中国人民を敵に回すことだ」と反発した。

 中国政府は、トランプ米大統領が来年1月の退任前に中国をさらに挑発してくると想定。一定程度の反発は示しつつ、バイデン次期政権が発足するまで、当面は様子見をする可能性もある。