TikTokの売却期限延長せず

米国事業でトランプ政権

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】ロイター通信は4日、トランプ米政権が中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却期限を延長しないと報じた。同日が期限日だったが、米政府は売却を巡って運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)と協議を続ける可能性があるという。ロイター通信は、米政府がどのように売却を迫るのかは不明だとしている。

 トランプ大統領は8月、利用者情報が中国政府に流出することを懸念し、ティックトックの米事業売却を命令した。売却期限は11月12日だったが、財務省が2度にわたり期限を延長していた。