上五島の釣り場PR 動画作成グループ「釣りします」のメンバー

©株式会社長崎新聞社

釣りの様子をレポートする「釣りします」のメンバーら=新上五島町、青方港

 動画配信を通じ、島の水産資源をPRするグループ「釣りします」のメンバー3人がこのほど、新上五島町に滞在し、釣り場を巡って取材した。
 取材は、同町で動画配信を通じて地域活性化を図る「五島人」の協力で実現した。五島市を拠点に活動する「釣りします」はYouTubeにチャンネルを開設し、毎月15本前後の動画を投稿。約1万8千人の登録者がおり、釣りの活動と併せ食材も紹介している。
 国土交通省の釣り文化振興モデル港に指定されている青方港の海上にある防波堤で約3時間撮影。アジやタイなどを釣り上げた。代表を務めるゆうやさん(38)は「上五島での釣りは初めてだが、次々と大物が掛かり休む暇がなかった。初心者から上級者まで楽しめる場所だと思う」と感想。釣り歴40年以上という石田信明町長(66)も参加し「五島市の人たちとも協力し、五島列島全体で島の魅力をPRしていきたい」と話した。