トランプ氏、選挙後初の集会参加

影響力維持へ熱狂ぶり誇示

©一般社団法人共同通信社

5日、米南部ジョージア州バルドスタの集会に参加したトランプ大統領とメラニア夫人(ロイター=共同)

 【バルドスタ共同】トランプ米大統領(共和党)は5日、南部ジョージア州バルドスタで大統領選後、初めて支持者集会に参加した。来年1月5日に同州で実施される連邦上院2議席の決選投票で共和党候補を応援するのが目的。集会では同州でバイデン次期大統領が勝利した結果を承認した同党のケンプ知事を「(バイデン氏勝利を)簡単に阻止できた」として激しく攻撃した。

 多くの熱狂的な支持者が結集。法廷闘争を続ける中、退任後を見据え自身の影響力を維持する狙いがあるとみられる。トランプ氏は「不正な選挙は受け入れられない」と強調し、ジョージア2議席を共和党が死守する必要性を訴えた。