ルクレールに次戦3グリッド降格のペナルティ。ペレスに接触、フェルスタッペンをリタイアに追い込む/F1サクヒールGP

©株式会社サンズ

 2020年F1第16戦サクヒールGPの決勝オープニングラップで発生したアクシデントについて、スチュワードは、フェラーリのシャルル・ルクレールが原因を作ったと判断し、ペナルティを科すことを決めた。ルクレールは次戦アブダビGPで3グリッド降格される。

 4番グリッドからスタートしたルクレールは、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に続いてターン4に入っていった。ルクレールはフェルスタッペンのインに飛び込んだが、ペレスに接触。ペレスはスピンし、最後尾まで落ちた。接触を避けようとしたフェルスタッペンはコースオフし、バリアにヒット、ルクレールとともにその場でレースを終えた。

2020年F1第16戦サクヒールGP決勝 アクシデントに巻き込まれる形でリタイアしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 この一件についてスチュワードはレース後、審議を行い、ルクレールが衝突の原因を作ったと判断、次戦3グリッド降格およびペナルティポイント2を彼に科すことを決定した。

 スチュワードは、このアクデントについて「16号車(ルクレール)はターン4で11号車(ペレス)と衝突し、33号車(フェルスタッペン)にアクシデントを避けるための行動を取らせ、その結果33号車がバリアにヒットした件」と説明、審議の結果、「16号車はターン4へのブレーキングを遅らせすぎ、右フロントホイールをロックさせ、通常のレーシングラインをとってコーナーに入っていった11号車と衝突した」と判断、ルクレールにアクシデントの責任があるという結論を出したことを発表した。

 レースを続行することができたペレスは、最後尾から追い上げ、F1での自身初の優勝を飾った。

この記事はいかがでしたか?