フェルスタッペン、クラッシュでリタイア「シャルルの無謀な行為で好機を逃す結果に」レッドブル・ホンダ【F1第16戦】

©株式会社サンズ

 2020年F1サクヒールGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはアクシデントに巻き込まれリタイアを喫した。

 オープニングラップのターン4で4番グリッドスタートのシャルル・ルクレール(フェラーリ)が3番グリッドスタートのフェルスタッペンのインに飛び込んだが、その前にいたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)に接触、ペレスがスピンを喫した。フェルスタッペンはそのアクシデントを避けようとしてコースオフ、バリアにヒットし、ルクレールとともにその場でレースを終えた。ルクレールにはアクシデントの責任ありとして、次戦3グリッド降格のペナルティが科された。

2020年F1第16戦サクヒールGP決勝 シャルル・ルクレール(フェラーリ)がアクシデントでリタイア
2020年F1第16戦サクヒールGP決勝 アクシデントに巻き込まれる形でリタイアしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=リタイア
 いいスタートを決めたが、周りを他のマシンに囲まれる形になった。何とかアクシデントに巻き込まれないように努めたが、周りの皆はすごくアグレッシブで、まるで決勝の最後のラップのようにリスクを冒していた。シャルルはターン4でイン側に飛び込み、埃だらけの路面の上で、ブレーキングをものすごく遅らせた。前のマシンを抜きたかったのは分かるけど、あれはあまりに楽観的な動きだった。シャルルのことはとても尊敬しているし、彼は素晴らしいドライバーだと思う。でもあの行動はやりすぎだ。

 イン側で何が起きているのか見えていなかったチェコ(ペレス)にシャルルがヒットした。スピンしてコース上に戻ってきたマシンに当たるのを避けるため、僕はアウト側に行ったのだが、グラベルに出てしまい、そのままバリアに突っ込んだ。

 スタートしてすぐにリタイアするなんてがっかりだ。僕らにはレースで強いマシンがあり、いい結果を出せる可能性が高かったからなおさら悔しい。

(自身の公式サイトに語り)あれは不必要なリスクだった。一度にふたつポジションを上げるのは無理だ。シャルルが僕をオーバーテイクできたならそれはそれでいい。でも同時にチェコを抜くためにブレーキングを遅らせた。チェコにはイン側で起きていることは見えないのだから、そんなことをするのはあまりに楽観的だ。その結果、1台は最後尾に落ち、残りの2台はバリアでレースを終えた。全く不必要な行為だ。

2020年F1第16戦サクヒールGP決勝スタート