日本ハム、吉田輝星は現状維持

清宮は200万円増

©一般社団法人共同通信社

契約更改交渉を終え、記者会見する日本ハム・吉田輝星=7日、札幌市内の球団事務所(代表撮影)

 日本ハムの吉田輝星投手が7日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1030万円でサインした。2年目の今季は5試合に登板して0勝2敗、防御率8.41と苦しんだ。「悔いの残るシーズンだった。この気持ちを胸にオフに成長したい」と真剣な表情で語った。

 チームはエースの有原航平投手が米大リーグへ移籍する可能性があり、先発の一角として吉田輝にかかる期待は大きい。「有原さんの穴を埋めるために2桁勝利をしたい」と意気込んだ。

 清宮幸太郎内野手は200万円増の2200万円で更改。96試合に出場して打率1割9分で「ふがいない」と話した。(金額は推定)